--- Sponsored Link---
2017年11月22日(水) 11:45 雑記コメント(2)

アフィカス?って騒ぐ奴はメンがヘラっている可能性大!

こんにちは、ショウゴです。

ブログを始めてから約3カ月が経過しましたが、よく耳にするキーワードがあります。

アフィカス?

まあ、キーワードを見るだけでブログをやっていなくても、なんとなく意味は知っていました。

要は、アフィリエイトで稼いでいる人=カス

ってことでしょ?

別に俺はアフィリエイトしているわけではないけど、なぜアフィリエイトで稼いでいる=カスって言う人がいるのか考えてみた。

・自分が使っている商品でもないのに、お金をもらってその商品を持ち上げるステマ記事を作る人

・有名人をダシにしてアクセスを集める記事を作る人
(不倫話、不幸話など)

・炎上記事を作りアクセスを集める人

・コピペ記事を作りまくってアクセスを集める人

まあ他にもたくさん理由があるんだろうけどこんな感じでしょう。

いろんなブログを見させてもらうと確かに、サイトを開くと…
女性

いきなり広告が張り出されていて右上の×ボタンを押して、更にその記事を見ようとするとまた広告が張り出されていたりと…広告がありとあらゆるところにありますね。

個人的に思うのが…

有名ブロガーの方がよくあのアフィカスやろう…とかって言われているけど、そんなに騒ぐほどのことじゃないんじゃないかな…と思うのですよ。

だったら見なければいいし、広告を無視して飛ばせばいいし。

そもそも、無料でそのサイト見てるんだったら尚更です。

無料で見ているにも関わらず、アフィカスやろう…なんて言うとか何様なんでしょうか?

てか、こんなことで騒ぎすぎだと思いませんか?

まあ、暇なんでしょうね。

それとも何か被害でもあったんでしょうかね。

もし俺が被害にあったとしたら…

思うことは超シンプルです。

こんなことに引っかかるとは、なんて俺は情弱だったんだろう。

怒るというかむしろ恥ずかしい…情けない…

今後は絶対に引っかかるものか!…って考えますかね。

騒ぐ&叩くって選択肢はないかな…笑

だってそんな行動を万が一俺がとったら…って思うと想像しただけで気持ち悪いし。(イコール…メンがヘラってるってことですからね)

前にもこんなことがありまして勉強させられました。

とんでもない被害があったならまだしも、被害が全くなくアフィカスアフィカス騒いでる人って…

悲劇のヒロイン
悲劇のヒロインぶっているメンがヘラっているかまってちゃん…としか思えないんですよね。

そんなことしたって…

ムダムダ ドラえもん
誰もかまってくれません。

かまってほしかったら筋トレしろ!(自傷行為するメンヘラは筋トレして自傷行為したほうがかまってもらえる…という記事です)

胡散臭いことには変わりはない

ただ、胡散臭い人が多いのは事実ですね。

セミナー動画とか見ていると、よく手のジェスチャーが大げさな人いますが、あれも超胡散臭い笑

身振り手振りをすることによって、説得力を増す効果がある…と思って使っているんでしょけど逆効果です。

なぜなら…

無駄なジェスチャーが多いんですよね。

カリスマぶらなくてもバレバレだからそれ!笑

ジェスチャーバラバラ
話している内容と手のジェスチャーが全くリンクしていないから笑ってしまう。

まとめると

アフィカスアフィカス騒いでいるのは、悲劇のヒロインぶっているメンがヘラっているかまってちゃん。

無料で見ているんだからそんなに大騒ぎすることじゃなくね?

だったら、見るな!騒ぐな!

ただ、アフィリエーターで胡散臭い人がたくさんいるのは紛れもない真実である。

そんなことわかってるでしょ?

わかってるなら見るな!騒ぐな!笑ってろ!

こんな感じですかね!

まあこんなことメンがヘラっていない方にとっては当たり前のお話しですよね。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

くだらない雑記に付き合って頂いてありがとうございます。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

本日の豆知識パート43

バックが小さい人は美人が多く、逆にバックがデカい人はブスが多い!

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ

更新日時:2017年11月22日(水) 11:45 コメント(2)

2件のコメント

  1. 残業月平均60時間さん より:

    今日の豆知識はただの偏見やん

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ