--- Sponsored Link---
2017年11月10日(金) 11:55 ㊙スロットパチンコ考察コメント(0)

ビタ押しを上手くする方法(そもそも間違った打ち方に注目です!)

こんにちは、ショウゴです。

今回は、目押しに関しての記事です。

花火、サンダー、バーサスなどのビタ押し、2コマ押し、リプレイ外しなどの成功率を上げるやり方を書いていきます。

根本的な原因があることを知ってもらいたいです。

スロットブログ村の革命児ショウゴに応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ

ビタ押しの成功率を上げる方法

リールは一周0.78秒で回っています。

ビタ押し、もしくは2コマ目押しがなかなか上達しない方に、この前教えてみたのですが、なかなかできない人のある共通点を見つけました。

ビタ押し、2コマ目押しが出来ない人の共通点とは…

答えは振りかぶって目押しをしようとする…です。

リールは一周0.78秒という早さです。

こんなに早いのに、振りかぶっていては慣れていない人は成功率が下がって当然です。

よく見られるのが分土器型に打っている人です。

180度反転させてから、直線で打つやり方ですね。

この打ち方だと、余程慣れている方しか成功しません。

この分土器型の打ち方って、初心者がよくやる打ち方ですが、実は逆で上級者ができる打ち方です。

あくまで、上級者ができるやり方であって、上級者がやっているやり方ではありません。

ビタ押しが上手くできない多くの人は、分土器型の打ち方が成功する確率があると思って打ってるんですよね。

普段は、人差し指でタンタンと打っているのに、目押しになると親指に切り替えて振りかぶって分土器型打法に切り替わる人がホントに多いです。

気持ちはわからないでもないですが…

では、ビタ押しが上手くできない人が成功率を上げる方法は?

答えは…ボタンに指を置いておく…です。

こうすることにより、ある程度の図柄が見えている実力があれば、成功率は格段に上がります。

そもそも、0.78秒を分土器型に振りかぶって一定の図柄を射止めるなんて結構打ち込んでいる人でない限りできません。

ボタンに指を置いて、図柄が落ちてくるタイミングをよく見て、指を軽く振りかぶって押してみて下さい。

よく目押しを上達させるには、目を動かして直視力を上げろ…といいますが、直視力も限界があり、いつまでもできない人もいます。

もちろん、直視力をある程度鍛えることは重要ですが、何より押し方に注意してみて下さい。

分土器型打法の打ち方をしてしまう人の気持ちもわかります。

キチンと狙おうとして無意識にやってしまうんですよね。

俺も最初はそうでした。

ぜひとも試してみて下さい!

参考になれば幸いです。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

※本日の豆知識パート36※

奈良の大仏は実は2つある。

1つは奈良県、もう1つは千葉県の市川市にある。

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ

更新日時:2017年11月10日(金) 11:55 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ