--- Sponsored Link---
2018年11月14日(水) 03:51 ナンパ実践&ナンパ攻略記事コメント(11)

不倫相手についての悩み相談

こんにちは、ショウゴです。

日頃からご愛読してくださっている読者の皆様、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 スロットブログへ

引き続き応援してくださると幸いです。

今回は、読者の方からお悩み相談がきたので答えていきたいと思います。

内容は下記です。

こんにちは。
初めて投稿さして頂きます。

独身30才の男です。現在職場で不倫二年目中です。
相手側は同い年で子供になかなか恵まれずに子作りに奮闘中のようです。
自分自身の嫉妬深さ(何かにつけて旦那の話題にふります)でいつも喧嘩してしまいます。

相手は今は離婚する気もないしもし、今の関係がしんどいならいつでもやめれるといっていました。
1年目の頃は不倫相手側が頻繁に連絡や遊びにも誘っていましたが本人曰く慣れてきたからといってすごく割り切った態度に思えるようになり辛くなってきました。
しかし半年前からお昼弁当を毎回持ってきてくれるので(お金はいいとゆわれますが毎日のことなので多少払っています)一概に遊び相手とも言いにくいような感じもしています。
またエ◯チの時はいつでも中にだしてOKだそうですがだしていません。子供がほしいだけなのかよくわかりません。
このまま待っていても相手は相手の人生を進めていくだろうし虚しいだけの気持ちもしてきました。

自分が特に執着してしまうのは身体と相手が自分に対して思う気持ちがなくなったと感じるときです。
内容が内容なだけに相談もできずに考えすぎて仕事や生活にも支障がでてしまっている状態です。
正直かなりつらいです。嫉妬をなくす本などみたりして実践しましたが3日も持ちません。
お忙しいなか恐縮ですがどうかアドバイスをお願いしますm(_ _)m
厳しい意見も覚悟しているのでお願いします!

職場での不倫関係ということですね。

内容を見る限り、現段階では、相手側はただ単に疑似恋愛を楽しみたいだけなのだと思います。

というのも、相手は離婚はする気なしで、今の関係がしんどいのであれば、いつでもやめていいよ…と言っている時点で、ほぼ確定レベルです。

最初のうちは、不倫という刺激的な関係でいることにより盛り上がるものですが、特に女性の場合、次第に理性というものが生まれてきます。

要は、刺激がなくなった瞬間に冷めていくんですよね。

不倫関係が崩壊する理由としては、マンネリ化した行動です。

ホテルに行き、ヤッてバイバイみたいなことを繰り返すと、次第にそれに慣れてきて、刺激がなくなり、相手に対してときめかなくなるんですよね。

なので、関係を継続させたければ、ヤル以外にも、普通のカップルがしてそうなデートをするのは絶対条件です。

それから、相手側の女性は既婚者なので、今の段階で稲中さんが本気モードをアピールしてしまうと、相手側からしたら「この人とこれ以上関係を続けたら旦那にバレるかもしれない…」、「疑似恋愛を楽しみたいだけなのに…勘弁してよ」などと思われる可能性大です。

ちなみになんですが、女性という生き物は、旦那だけじゃなく浮気相手にも好き嫌いの感情を求めていることってあるんですが、最初の頃は相手側の女性も稲中さんに対して、それを求めていたことでしょう。

しかし、次第に関係が続くにあたって、相手も冷静な判断をとり、本当にこの人と関係を続けるメリットがあるのか?…と考えるようになります。

ハッキリ言いますが、関係が上手くいかなくなった根本的な原因は稲中さんの嫉妬でしょう。

あまりにも稲中さんが嫉妬深かったりしていることから、「この人は違うな…」と本能的に感じ取ります。

というのも、女性が男性に求めるものは「分かってくれる人」です。

旦那に抱かれている現実を暗黙の了解で受け止めた上で、何も口にしないで分かってくれる人がいいということですね。

これは、不倫関係を継続させるためには絶対に必要なことです。

俺の場合は、そういうことは基本的に口にはしません。

そんなことを口にした所で、しらけてしまいますからね。

もし、稲中さんが相手に対して本気なのであれば、順番があります。

まずは、喧嘩の原因となっている嫉妬ですよね。

喧嘩しているということは、嫉妬を嫌がっているということです。

相手が求めていないことを口にするのは、「分かってくれる人」からは除外されます。

全部を受け止めてあげる覚悟が必要なんですよ。

相手の女性が「旦那が待っているから帰りたい」と言ったら迷わず帰してあげる。

「旦那と◯◯に旅行に行ってきたんだー(^◇^)」…なんて言われても、「そうなんだー!楽しかった?」…と自然に振る舞ってあげる。

色んなことを受け入れ分かってくれる人だからこそ、不倫という関係であっても自然体でいられるんです。

自然体でいられるということは、相手はストレスを感じないので、「この人ともっと一緒にいたい」と思うのが普通ですよね?

不自然な関係ほど苦痛なものはありません。

今の現状だと、不自然な苦痛極まりない関係ということです。

まずはこのハードルを乗り越えることからですね。

他に気になったこととしては

自分が特に執着してしまうのは身体と相手が自分に対して思う気持ちがなくなったと感じるときです。

これって、エ◯チの快楽による執着と、逃げれば追いたくなる執着ですよね。

先程も言ったように、相手に嫉妬することをやめさえすれば、これは間違いなく改善されます。

嫉妬をしているということは、自分のことしか考えていない人ということです。

自分のことしか考えていない人と一緒にいたいと思いますか?

先程の文面をもう一度見返してみましょう。

自分が特に執着してしまうのは身体と相手が自分に対して思う気持ちがなくなったと感じるときです。

改めて見返してもらえれば分かると思いますが、自分の快楽のことしか考えていませんよね?

自分は肉体的に気持ちよくなりたいし、精神的にも気持ちよくなりたいということは…

なんでも自分の思い通りに気持ちよくならないとつらいと言っているのと同じです。

よーく考えて下さい。

「分かってくれる人」と「自分のことしか考えていない人」は、正反対です。

つまり…

分かってくれる人→好きな人

自分のことしか考えていない人→嫌いな人

簡単ですよね?

つまりは、稲中さんのことが嫌いな人になりつつあるということです。

ちなみになんですが、相手側の女性は自分のことしか考えていません。

自分のことしか考えていないのに、相手には「分かってくれる人」を求めています。

お気づきになりましたか?

稲中さんも同じなんですよ。

自分のことしか考えていないのに、相手に分かってほしいと求めているんです。

俺はこんなに好きななのに…愛情を注いでいるのに…尽くしているのに…と思い込んでいるかもしれませんが、実は自分ことしか考えていないことに気がついてください。

稲中さん→嫉妬して相手に感情をぶつけることが愛情だと思い込んでいて、それが自分のことしか考えていなということに気がついていない

相手側の女性→自分を分かってくれる人としか一緒にいたくない、つまりは自分のことしか考えていない

これが2人揃ったら、うまくかみ合いませんよね?

相手が自分のことしか考えていないのだったら、自分も相手のことを考える必要がない?

違います。

恋愛でも不倫関係でもなんでもそうですが、最初は誰しも自分に都合のいい人を探すことからスタートです。

都合のいい人→分かってくれる人→尽くしてあげたい

都合のいい人から昇格して分かってくれる人になり、それが次第に尽くしあげたい人に昇格するわけです。

自分が可愛いのは分かりますが、あまりにも表に出しすぎです。

自分ことしか考えていないのが表面に現れている(嫉妬)と考えると、恥ずかしくないですか?

子供が親に「オモチャ買って買ってー(; ・`д・´)」と公共の場で騒いでいるのと同じです。

俺は嫉妬というのはしたことはないです。

なぜならば、いくら長年連れ添った相手であっても、「相手の人生を束縛する権利はない」と分かっているからです。

彼氏だろうが旦那だろうがそんな権利はありません。

かなりつらい…と言っていますが、そりゃ自分のことしか考えられない性格だからつらいでしょうね。

つらい原因はなんですか?

相手が自分の思い通りにならないからつらいのではないですか?

相手にあった正しい愛情を注いであげることによって、相手も愛情を返してくれるんです。

持ちつ持たれつ

嫉妬なんて愛情ではなく拷問です。

稲中さんが、これから不倫相手として継続していきたいのか、それとも本気で一緒になりたいと考えているのか、どちらにせよ「相手にとって心地のいい空間」を作ってあげれば必ずいい関係を築けるはずです。

何度も言いますが、「分かってくれる人」

これを忘れないでください。

嫉妬という感情をなくす方法は至って簡単です。

嫉妬=自分のことしか考えていないのが表立っている

これを理解することです。

理解できたとしたら、恥ずかしいでしょ?

なら今すぐやめましょ?

それでもどうにもならなかったら、有料となりますが、女性に関する相談やコンサルティングも受け付けていますので、お問い合わせフォームにご連絡ください。

電話連絡やスカイプや直接お会いしての対応も受け付けております。
問い合わせるよりも、実際にお話しした方が、相手に響き効果も倍増するはずです。

最近こういう質問が多く、同じような悩みを抱えている方も沢山います。

別に恥ずかしいことではないですし、いい男になりたいと思うのは普通のことですからね。

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

にほんブログ村 スロットブログへ
👆
応援よろしくお願いします。

※女性に関する悩みならなんでもOKのコンサルティングを随時受け付けております。

不倫だろうがなんだろうが、女性を落としたい…と言う方でも気軽にご相談ください。

ご連絡はコメント欄でも、お問い合わせフォームでも結構です。

あなたの力になります。

更新日時:2018年11月14日(水) 03:51 コメント(11)

11件のコメント

  1. いなちゅう より:

    回答してくれて本当にありがとうございます。

    初めて投稿するので緊張したのですが相談してよかったです。
    確かに自分の場合は「おれはこんなにも悩んでるのにそっちは適当に考えてるんだ!」と自分の気持ちばかり優先していました。
    わかりながらも参考書など読み漁り嫉妬はやめようと思っても嫉妬してしまう気持ちは改善しませんでした。
    その度に変わることの難しさに気付き常に情緒不安定になっていました。
    粘着質な性格ってゆうのは自分でもわかってるつもりなんですがなかなか難しいです(・_・;
    今日も、今日はえ◯ちしたら妊娠する日?ときくともう、ほっといてとゆわれて落ち込んでしまいました。
    情けないm(_ _)m
    全てを受け入れてわかってくれる人、やってみます。
    本当にありがとうございました!

    お問い合わせフォームはどこから入ればいいのでしょうか?

    • ショウゴ より:

      このコメント欄に、書いていただいても大丈夫ですよ。

      個人情報の承認はしないので、コメント内容が公開されることはありませんので、ご安心ください!

      いつでもお気軽にどうぞ。

  2. いなちゅう より:

    ありがとうございます!
    もしお会いできるなら場所はどちらまでいけばいいのでしょうか?
    料金なども相談する場合はいくらぐらいかかるのかも教えてくださいm(_ _)m

    • ショウゴ より:

      稲中さんのメールアドレスに返信させて頂きましたので、ご確認ください。

      よろしくお願いします。

      • より:

        こんにちは。 たです。
        悩み事多いですね。おいらは嫁がいるから本気ってことのはならないですが、わかる気はします。

        悩みそうになったら他の女みてますw
        そうでもしないと本気になってしまった後ではどうしようもなくなることを自分でわかっているからです。

        えらそうにっておもわれてもしかたないですね。でもそしないとダメになっちゃいそうで怖いんです。
        しょうごさんなら案外わかってくれそうな気がします。

        • ショウゴ より:

          たさん!こんにちは!

          たさんは、他の女性を見てコントロールしているんですねw

          自分のことは自分が一番よく知っていますからね。

          でも案外そんなことしなくても、たさんの場合、本気にならないかもしれませんw

          俺の場合は、本気になることはまずないですかね…

  3. まっそー より:

    いやこれめちゃめちゃ危険じゃないですかね。その女性を仮にホンキにさせてしまった場合、かつ最悪のケースになった場合、もしくは今の状態で独身男性の子供を女性が身籠った場合。

    私はどんな誘惑があっても社内女性とは2人でご飯すら行きません。

  4. 期待値パパ より:

    これはスゴク興味がある記事ですね( ;∀;)
    嫉妬深さはほとんどマイナスなことしか生まない印象ですね。

    ちょっと言い方がキツイですが
    嫉妬する=器の小さい人
    という方程式が自分では成り立っています。
    なので自分は仮に嫉妬したとしても、それを表に出すことはしないですねw

    • ショウゴ より:

      おっしゃる通り、嫉妬されるというのは、相手にとって重荷になりますよね。

      嫉妬してしまう性格なのであれば、期待値パパさんのように、表に出さないことが正解です。

      思っていても口に出してはいけないことってありますからね。

      相手の人生を束縛するような発言は控えた方がいいと思います。

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ