--- Sponsored Link---
2018年10月8日(月) 11:49 雑記コメント(2)

見た目が9割である現実

こんにちは、ショウゴです。

日頃から応援してくださっている読者の皆様、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 スロットブログへ
引き続き応援してくださると幸いです。

今回は、いや今回も非常に残酷な記事を書いていこうかと思います。

ズバリテーマは…

人は見た目が9割

日々、彼氏がいようが旦那がいようが関係なく、様々な女性に手を出しているショウゴですが、これを繰り返していると、ふと思うことがあります。

所詮多くの女なんてこんなものだ…と

どういうことか?

ハッキリ言って、俺は普通の男性よりも見た目が優れています。

小学校高学年くらいからモテだし、中学校に入ると手がつけられないくらいモテました。

今でも覚えています。

中学校の卒業式には、恒例の第2ボタンどころではありませんでした。

俺の前には行列ができ、学ランの全ボタン、Yシャツ、ベスト、制服のズボン、上履きをパクられ、俺は半そで半ズボンで帰宅しました。

しかし、俺は、ガキのくせに舞い上がることはありませんでした。

なぜかというと、モテる原因を察していたからです。

よーく考えてみてほしい。

俺に粉かけてきた多くの女性は、ほぼ一度もしゃべったことがない人ばかりです。

この時点で俺は、察します。

要は見た目だけでしょ?

そうです。

見た目だけでモテているんじゃね?…と考えていたのです。

他にも原因を考えました。

そうすると、一つの原因が思い当たります。

それは運動です。

小学校、中学校だと、運動神経がいい男子というのは多少はモテるはずです。

俺は、人並み以上の努力家だったので、校内マラソンでは必ず2番でした。

野球部と掛け持ちで駅伝選手もしていました。

中学生くらいのガキだと、どうしても運動を頑張る…というのが、カッコ悪いと考える奴らが非常に多いですが、俺は一切手を抜かずに頑張りました。

勉強ができることがカッコ悪い、学校をさぼるのがカッコいいみたいな価値観のバカばかりです。

校内マラソンでも、バカなことをするヤンキー達が多かったです。

普段は仲良く話していますが、校内マラソンになると…

ヤンキー恒例の、おふざけダッシュが始まります。

どういうことかというと、ヤンキー達は、先程言ったように、「勉強ができることがカッコ悪い、学校をさぼるのがカッコいい」みたいなバカばかりです。

マラソンスタートのピストル音とともに、10人くらいのヤンキー集団が、最初の100メートルくらいを鬼ダッシュします。

んで当然その後は、体力がないので失速していき、最後には歩いてゴールインです。

もしくは、途中退場してバックレています。

こういうのが毎回繰り返している中、俺は思ったことがあります。

コイツら何がしたいんだろうか?

答えは分かっています。

要は、目立ちたいんです。

しかしながら、逆効果であることに気がついていないバカなので、わざわざ俺が言う必要もありません。

話が大きくそれましたね。

俺がモテる原因の話に戻しましょう。

先程、俺は常に校内で常に2番だったといいました。

では、1番はどういう人だったのかというと、その後自衛隊に入ることになる、運動の変態中の変態です。

1番の彼と2番である俺の差は、それはそれはありました。

彼がいなかったら、俺はダントツの1番だったでしょう。

では、俺に運動で勝るマラソン1番の彼は、モテたのか?

まだ言いません!

彼がモテるかどうかを、確信に迫るのは卒業式です。

俺は、卒業式の前日から、複数の後輩の女子から、声をかけられていたので、卒業式当日はある程度行列ができることは予想していました。

てか、もともと予測できていました。

この時から、俺は自信が確信に変わる為の真実を知りたかったのです。

俺は運動ではなく、見た目だけでモテているのか?

この答えは、明日行われる卒業式で明らかになる…と考えていました。

なぜならば、彼がモテなかった時点で、俺がほぼ見た目だけでモテているのが確定するからです。

俺は女子の行列が出来ることは間違いありません。

しかし、俺よりも運動が優れている彼はどうだろうか?

彼は、ビジュアルは普通で、勉強はバカです。

しかし、俺よりも圧倒的に運動神経がいいです。

俺よりも運動神経がいいということは、間違いなくかなりの注目を浴びていたことは間違いありません。

かなりの変態レベルなので、校内で知らない人はいなかったはずです。

さあ、そんな彼はどうなったでしょう?

答えは、一人の女子からも声をかけられていませんでした。

しかも、俺は覚えています。

彼は、自ら第2ボタンを外し、自分の所に来るであろう女子後輩の為に、スタンバイしていたのです。

しかし…残念ながら、誰も来ませんでした。

申し訳ないですが、非常に惨めなものでしたね…

だって考えてみてください。

彼は、俺ほどではないですが、かなりの自信家で、ある程度の女子にモテるだろうと自分で思っていたのです。

そんな自信家の彼が、わざわざ第2ボタンを外して用意して、目立つところにスタンバイしていたんですよ?

んで、不自然な動きで待機してるんですよ?

惨めもいい所でしょ。

この時点で、ビジュアルが普通で、運動神経が変態クラスでも、外見上では女子にモテないことが発覚した瞬間でした。

んで結論から言うと、見た目がいいことによって、結果運動神経が生かされる…ということに気がつきました。

要は、見た目がよくないと、何事にも説得力が生まれない…ということです。

さて、それを踏まえて女性関係の話に戻りましょう

彼氏持ちや、旦那持ちをナンパして、あっさりと受け入れる女達と遊ぶ度に、楽しくもあり、残酷な現実を知ることにもなります。

残酷な現実というのは、見た目がいい男というだけで、簡単に浮気や不倫をしてしまう可能性が高い…という現実です。

まあ、ぶっちゃけて言うと、俺からしたらこの残酷な現実も楽しいです。

長年付き合っている彼氏や旦那という存在がいるにも関わらず、あっさりナンパについてくる女が多いという現実です。

なぜ楽しいかというと、俺は真実を知るのが好きだからです。

それを知ることにより、無駄に異性に感情移入しなくなります。

要は、ムダな時間を省くことができます。

無駄な時間というのは、自分や自分の大切な人以外の人のことを考える時間のことです。

男女限らず、彼氏や彼女、旦那や妻がいたとしても、大抵の人は、他の異性に目移りしがちです。

中には、目移りするだけにとどまらず、本気になってしまう人もいるでしょう。

しかし、俺は絶対に本気にはなりません。

なぜならば、真実を知っているからです。

真実を知っているので、自分のパートーナー以外に本気になることはありません。

他の女性と体の関係は持っても、感情移入はしないということですね。

女性に限らず、男性も、これをしがちです。

他の女性に目移りするだけならいいですが、真実を知らないので、目移りするだけにとどまらず、感情移入して他の女性を本気で好きになってしまうんですよね。

これを何というか?

無駄な時間といいます

目的を見失う人が非常に多いです。

性処理することが目的なのにも関わらず、なぜかその先を求めてしまうんですよね。

これって、非常にダメ男、ダメ女な行動なんです。

この内容で、ショウゴが何を言いたいのか…わかりますかね?

人に感情移入しない心を持っていれば、女性はそれを貴重な存在だと錯覚して、愛人にすることが出来る可能性が高くなります。

イケメンなのにも関わらずモテない…という人は、追いかけ追いかけやっているからモテないんです。

真実を知れ!もったいないぞ!

イケメン+αも大事だってことです。(大人になったらね)

しかしながら、見た目が9割というのは間違いではありません。

多くの人は、見た目で人を選びます。

多くの男性は、多くの女性を抱きたい願望があります。

それを達成するには、結局ビジュアルをよくする努力が必要なんです。

俺は今後、恋愛関係や愛人関係の相談やナンパ攻略の教材を作ったり、コンサルティングをしようと考えています。

多くの女性の真実を見てきたショウゴだからこそ、伝えられることが沢山あります。

確実に言えるのは、間違いなくモテる方向に導くことは出来ます。

それでは、またお会いしましょう。

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします!

更新日時:2018年10月8日(月) 11:49 コメント(2)

2件のコメント

  1. ぼっち より:

    見た目は重要だと勉強になりました。
    女にもてたいって気持ちはないんですけど30歳こえて身体がだらしないんでショウゴさんの前の記事にあった体幹トレーニングをショウゴさんに感謝しながらしてきます!

    • ショウゴ より:

      ぼっちさん!こんにちは!

      女性にモテるというメリットの他にも、ビジュアルというのは説得力がありますから大事ですよね。

      こちらこそ記事を読んで頂いて感謝します。

      本当にありがとうございます!

      トレーニングは出来ればずっと続けて効果を体感して頂きたいです。

      これってできるようでできない人多いので、周りの人と差をつけるチャンスだと思います!

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ