--- Sponsored Link---
2018年9月13日(木) 11:09 雑記コメント(4)

元モーニング娘のメンバー吉澤ひとみが逮捕!飲酒運転、信号無視、ひき逃げ、隠ぺい工作について思うこと(アイドルなんて所詮幻である)

こんにちは、ショウゴです。

日頃から応援してくださっている読者に皆様、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 スロットブログへ
今後も応援してくださると幸いです。

ではでは、本日は、幻というテーマで語っていきます

今回は、元モーニング娘の吉澤ひとみについての考察をしていきたいと思います。

皆さんご存知の通り、彼女はひき逃げ事件を起こしました。

自宅で夫と、午後の0時まで缶酎ハイを3本飲んでいたと供述していますが、事故直後の呼気検査で基準値(0.15)をはるかに上回る、0.58ミリグラムのアルコールが検出された時点で、供述がウソ確定になるわけである。

事故直後、すぐには警察に通報しなかったのは、まずは被害者よりも自分の身を守る為しか考えられなかったことは間違いないでしょう。

当然、事故から逃げられるわけはないのは、彼女自身も分かっており、問題は、酒を飲んだことがバレることである。

ただ単に、交通事故だけなら、ネットニュースで取り上げられる程度で済まされることなのだが、飲酒運転で人を跳ねてしまった時点で、免許取り消し確定は愚か、芸能界引退、逮捕に追い込まれるであろう。

事故を起こしてから、15分後に通報したらしいが、彼女はこの15分間で、何とかして飲酒の隠ぺいを図ろうとしたのでしょう。

まず、交通量が多すぎて、路駐できる状態ではなかった…と供述していますが、そもそも人を跳ねた時点で、15分も間を置く神経が信じられません。

万が一、交通量がとんでもなく多い状態だとしても、周りの人の迷惑なんて考えている場合ではありません。

どんな渋滞が起きようと、その場で停車するのが普通の神経です。

この時点で、墓穴を掘っています。

個人的な見解ですが、おそらくこの15分の間に、大量の水を調達する必要がある…と考えたのでしょう。

呼気検査の基準値を下回るように、水を大量にガブ飲みしたのだと考察します。

んで、さすがにこれ以上、時間を遅らせるとマズいと考え、警察に通報したのでしょう。

ここまでの流れは…

夫と大量の酒を飲んでいた

事故直後は缶酎ハイ3本と供述していたが、後日ウソを認める

大量のアルコールが残っている状態で、信号無視をして、人を跳ねた

この間に、自分の身を守る時間を確保する必要があったので、路駐できる状態ではなかった…というウソを思いつく

15分間のインターバルで、水を大量にがぶ飲みして隠ぺいを図ろうとした

これ以上時間を遅らせると、飲酒を隠ぺいしたことが水の泡になるので、警察に通報する

人身事故を起こした事実はどうしようもないので、あとは飲酒運転でないことを祈るのみ

逮捕

他のメンバーが謝罪

現モーニング娘のメンバーや、元モーニング娘のメンバーが、snsで謝罪していましたが…

そもそもなぜ他のメンバーが謝罪する必要があるのでしょうか?

TOKIOの山口達也の時もそうでしたが、あんなもの連帯責任ではなく、本人だけの責任でしょう。

子供でもあるまいし、いい大人なんだからさ。

テメーのケツくらいテメーで拭くべきでしょう。

ファンを裏切ったから同じメンバーとして、謝罪?

意味不明です。

調べてみると、あーなるほど…と納得できることがありました。

今後ハロプロのコンサートの最終公演12月16日「飯窪春菜卒業スペシャル」というのが控えており、更にそれまでの期間、127公演もコンサートがあるらしいです。

その利益がなんと…25億円以上も見込めるんだとさ…

そりゃ、自分に関係ない事件だとしても、自分の利益に直結するのであれば、他の関係ないメンバーも必死になって謝罪するわな。

結局は、まあ…そういうことですよ。

だよね。それがなきゃ謝るなんて意味不明ですもんね。

吉澤ひとみのことについて頭を下げているのではなく、「どうか周りが静まってくださらないと、今後のコンサートが…」ってことです。

そもそもファンを裏切るって何?

アイドルなんてものは所詮幻であり、内面はどうあれ、周りから移るのは外面だけです。

勝手に外見だけで、人間像をイメージして、妄想した結果、ファンになっています。

これって、恋愛でもそうで、人間というのは(特に女性)、外見だけで人をイメージして、結果、自分のイメージとかけ離れていたら、簡単に去っていきます。

ではなぜアイドルはそうならないのか?

答えは簡単で、接する機会というのが、握手会のほんの数秒程度しかないからです。

ほんの数秒程度、愛想よくしていれば、ファンはそのアイドルのことをより好きになるでしょう。

接する機会がほぼないので、ホコリが隠れる。

これが芸能人の強みです。

今回の事故のように、わかりやすいボロが出ない限りは、オタクを金ズルにできます。

多くの人は、芸能人というだけで、その人物を美化します。

画面に写っている人が、いざ目の前に現れたら、珍しいものである…と錯覚します。

要は、珍しいもの=自分とは次元が違う別世界の人間

確かに、お金を稼ぐことや、人脈などの次元は違うかもしれませんが、人間性は別物です。

同じ人間ということが分かっていないのでしょう。

これって、アイドルだけでなく、他の芸能人にも言えることです。

例えば、他のモーニング娘のメンバーでお話していきましょう。

安倍なつみなんかもそうですが、過去に押尾学のお泊りや、滝沢秀明とキスしたことなのがとりあげられていました。

まあ、押尾はともかく…

滝沢秀明に関しては、今後ジャニー社長の後継者になる存在です。


現実は所詮こんなものです。

他にも、加護亜依の未成年喫煙だったり、矢口真里の不倫問題だったり…やっていることは一般人と変わりません。

なのにも関わらず、アイドルという幻にお金をつぎ込んでいるバカを見ると、… … …って感じです。

だったら自分や自分の大事な人に金使った方がいいんじゃね?…と思いますが、まあ別に俺には関係ないので…

モーニング娘の年収は?

全盛期の時は、年収5千万と言われています。


10代前半の子供に、そんな金を渡すとどうなるか?

そりゃ、わがままになるでしょう…とは言いません。

金で人間性が変わるわけないないだろ?

金があろうがなかろうが、元々の人間性がある人は、こうはなりません。

この人は金で人間性が変わった…なんて言葉をよく聞きますが、責任は金じゃないです。

つまり、元々こういう人間性だったというだけの話です。

3種類のアイドルがいます

・元々人間性があるタイプの人間であり、お金があろうがなかろうが人間性は変わらないタイプ

・人間性は普通orクソだけど、年収をキープする為に、自分を盛るか、絶対にボロを出さないタイプ

・人間性はクソであり、欲望を前面に出して自爆するタイプ

※上から順番に、1%、98%、1%って感じでしょうか。

天使と、欲望を前面に出して自爆する奴の比率が、イコールだと個人的には思います。

天使→1%

バカな悪魔→1%

この1%のバカな悪魔も、欲望さえ抑えれば、他の98%に食い込めたのに、勿体ないですね。

まあ、天使の1%は変わらないように、バカな悪魔が1%あるのも、今後も変わらないでしょう。

この流れがあるからこそ、世の中上手く回っているのでしょうから。

1%のバカがいなければ、世の中成り立たない…とでもいいましょうか。

この1%のバカに巻き込まれた、被害者はたまったもんじゃないですけどね。

全体的な経済性で考えたら、プラスになる…という現実です。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました。

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします!

更新日時:2018年9月13日(木) 11:09 コメント(4)

4件のコメント

  1. まっそー より:

    私はこのニュース見たとき思いました。
    バレバレのウソ。これクスリじゃね?って。

    弟を交通事故で亡くしているという事実を前提にどちらかの2択を推測。
    1、翌日朝から仕事あるのに深酒して遅刻しそう、焦る、飲酒だが車で行く。事故る。救いようのないアホ。
    というか、相当重度のアルコール依存症。
    2、クスリやっててラリる、翌日朝から仕事とかわからんぐらいになる。朝がきて焦って運転して事故る。
    15分の間にキツイ酒飲んで飲酒運転偽装に成功。本当はただのヤクチュー。

    弟を事故でなくしている時点で普通の飲酒運転は否定される。
    そしてアルコール依存症説、案外患者少ないんじゃないか?アルコールの薬物的依存など大したことないはず。
    それよりヤクチューのが誘惑も多いんじゃないかな、芸能人ならなおさら。弟を事故で亡くしたことも忘れるくらいに。
    三田佳子の息子など何億ヤクザに金しゃぶられたんだろうか。

    私はヤクチュー説をとなえますw

    • ショウゴ より:

      来たな?まっそーさん!

      なるほど…クスリの線は考えてませんでした。

      俺的には、まっそーさんの2択で1が答えになりますかね。

      個人的には、過去の交通事故は教訓になっていないかな…と思いました。

      なぜならば、弟さんは自転車を走行中に軽自動車に衝突されて亡くなってしまいましたが、その際ドライバーのアルコールは検出されなかったので、不慮の事故だったからです。

      彼女的には、飲酒運転と過去の交通事故はリンクしていないような気がします。

      普通は学ぶものですが、全くの別物だと考えている可能性すらあるかな…と

      つまりは、ただ単に飲酒運転の怖さ(罰則)を理解していなかっただけかな…と。

      酒気帯び運転
      0.15~0.25mg 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 13点

      0.25mg以上 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 25点

      酒酔い運転
      5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 35点

      これを分かっていて運転しているバカが俺の周りにもいますが、信じられません。

  2. まっそー より:

    いずれにしても救いようのないアホということは間違いないですね。
    足し算からやり直すべきだわ

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ