--- Sponsored Link---
2018年8月13日(月) 04:19 雑記コメント(4)

パチンコ店員の車被害(車上荒らし)

こんにちは、ショウゴです。

日頃からご愛読してくださっている読者の皆様、本当にありがとうございます。

引き続き打倒2-9伝説&打倒パチンコ店長クロちゃんにご協力ください
にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします

本日もどうぞお楽しみください

さて今回は、パチンコ店員は車上荒らしにあうのか?…という、とんでもなくどうでもいいことについて書いていきます。

パチンコ店員といえば、客から逆恨みされて…みたいなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、俺の経験上そこまでありません。

しかしながら、過去にとんでもない事件があったのをお伝えしたいと思います。

30代前半のバツイチ子持ちの女性店員

この女性は当時、俺が18歳の時にアルバイトしていた時の先輩であり、抜群の色気を持った方でした。

18歳の少年が30代に対してどう思うか?

普通の感覚だったら、恋愛対象にも入らないし、エッチする対象にも入らないと思います。

悪く言えば、BBA…と思う方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、その女性は別格の色気を持っている方で、若い店員からも、客からも人気がありましたね。

ちなみに、俺は後々この女性とエッチすることになるのですが、まあそれは置いといて…

この別格の色気を持った方が、ある意味車上荒らしにあったのです。

ある意味車上荒らしとは…どういうことなのでしょうか?

車のBODYを凹まされる?車の室内の物をパクられた?

違います。

それではある意味車上荒らしにならないですからね。

答えは…

車のフロントガラス&運転席の窓ガラスに、おたまじゃくしをぶっかけられた

俺はこの女性店員(咲さんと言います)と非常に仲が良く、お互いに早番専門であったこともあり、一緒に駐車場まで同行して、バイバイするのが日課でした。

そんなある日、いつも通り一緒に帰宅し、俺が車に乗り込もうとしたその時…

女性口元が緩む
サキさん
「ショウちゃん!!!!ちょっと待ってー」


ショウゴ
「ん?どうしたのー?」

女性口元が緩む
サキさん
「あのね…ちょっと…」


ショウゴ
「何ー?」

女性口元が緩む
サキさん
「車のガラスにね…」


ショウゴ
「ガラスがどうかしたの?」

女性口元が緩む
サキさん
「これ…見て!」


ショウゴ
「なになにー?どれどれ(._.)…なんか白いのがついて…ってうわっ!!!!」

女性口元が緩む
サキさん
「… …」


ショウゴ
「これって、おたまじゃくし先輩?…だよね?」

女性口元が緩む
サキさん
「やっぱりそう…だよね…」


ショウゴ
「マジ半端ねー!こんなことする奴いるんだね!」

女性口元が緩む
サキさん
「これ、カラスの…じゃないよね?」


ショウゴ
「何言ってんの?カラスのフンは固まってるじゃん!これ、ぜってーアレだよ!」

女性口元が緩む
サキさん
「どうしよう…?」


ショウゴ
「サキさん!この車貸して!俺洗車してくるよ!」

女性口元が緩む
サキさん
「でも…」


ショウゴ
「いいよ!洗車機にぶち込んでくるから! 俺の車に乗って、後からついてきてー!」

女性口元が緩む
サキさん
「ありがとう…ごめんね…」

仕方がないので、俺はサキさんの車に乗り、運転席のおたまじゃくし先輩を横目&フロントガラスである目の前にあるおたまじゃくし先輩が視界に入る中、洗車場に向かいました。

今思えば、とんでもなくキモイのですが、当時の俺は、「不思議なことする奴もいるんだなー」くらいの感覚でした。

サキさんはかなり魅力的な女性で、過去にも車のワイパーに手紙をはさまってあった…なんていう被害もあったんですよね。

洗車場に到着すると、俺は速攻で洗車機に一直線にツッコミました。

運転席に乗りながら、洗車を眺めていると…

なんと!!!( ゚Д゚)

おたまじゃくし先輩がこびりついてしまっていて、とれません!!

仕方がないので、俺は自分の車に積んであったタオルを水に濡らし、固く縛ったタオルで、ゴシゴシしました。

女性口元が緩む
サキさん
「ショウちゃん、ホントありがとうね」


ショウゴ
「しかしアレだね、俺はまだガキだからよくわからんけど、性欲を満たす考え方って色々あるんだね」

当時18歳の俺にとって、この性欲の満たし方は衝撃的でした。

まあ、今となっても、気に入っている女性の車におたまじゃくしを放出するなんていう満たし方は理解できませんけどねw

おたまじゃくしの洗車を終えて、サキさんの車で少しお話をしているうちに、サキさんに誘惑されて、行為に及んだのは言うまでもありません。

当時の俺は18歳、かたや彼女は30歳でした。

この頃から女遊びは激しかったですが、若い女にはない色気を感じましたね。

若い女って、A◯女優のようなアンアンアン叫ぶ演技をマネしがちですが、俺は全く興奮しません。

9割以上の女性が演技だって知ってますか?

演技とかマジで色気がなさすぎて、魅力を感じないんですよね。

アンアンアンうるせーよ!!…ってなってしまいます。

自然に吐息を吐くというのが、エッチの醍醐味です。

前に、異常なほどうるさい女がいたのですが、俺はあまりにもムカついて、「てか声うるさいから自然にしてもらっていいかな?」…などどいうムードもクソもない発言をしたことがあります。

アンアンアンという声を聞きながら動画を見て、マスターベーションしている人が信じられません。

アンアンアンと言えば、前に面白い事件がありました

俺が友達の家に泊まった時のお話です。

たしか16、17歳くらいだったと思います。

3人の友達と、その友達の家に泊まったのですが、どんちゃん騒ぎした後に、俺と他の2人は別室で寝泊まりすることになり、その家の友人だけは自分の部屋で寝ることになったのです。

夜中にいきなり…

アーーーン!!いくーーーーーーー!!!いいいーー!!!!!

俺と他の友人は目を覚まし、急いで友人の部屋に向かいました。

すると、母ちゃんに怒鳴られている友人の姿が…

俺と他友人2人はその光景を見て大爆笑してたら、なぜか俺たちまで怒られてしまいましたw

説教が終わり、友人にこう告げます。


ショウゴ
「てか、ヘッドホンくらいしろよ!バレバレだろ?
俺らまで怒られちゃったじゃないかw」

ガン見
シコシコくん
「してたよ!!!!!」


ショウゴ
「してたんなら、あんな大爆音になるわけないだろ!w」

どういうことでしょうか?

話によると、彼はヘッドホンをしてシコシコしていたらしいのですが、おたまじゃくしを放出した瞬間に、あまりにも気持ちよくなってしまい、そのまま後ろに倒れこんだらしいのです。

その瞬間!!

テレビとヘッドホンがつながっている線がプチッと抜けてしまい、大爆音が家中に響いた…というからくりでした。

要するに…

やべーマジすげー(シコシコ)

やべっイク…

あー気持ちよかった!!!(後ろにドサッ)

ヘッドホンの線が抜ける

あーーーーん!!!!あああああああーーーー!!!

母ちゃん
「なにやってんだーーー!!!!」

ショウゴ達
「ギャハハハハ!バーカー」

母ちゃん
「笑い事じゃねーんだよ!!!!」

少し話がそれましたが、性欲の満たし方というのは、本当に無限大ですね。

俺はリアルの実践しか興味がありませんから、様々なジャンルで性欲を満たせる方って、ある意味幸せなのかもしれません。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

打倒2-9伝説&打倒パチンコ店長クロちゃんにご協力よろしくお願いします
にほんブログ村 スロットブログへ

更新日時:2018年8月13日(月) 04:19 コメント(4)

4件のコメント

  1. nama より:

    めっちゃ面白いですねwww
    車に発射するのって、外で妄想とかをオカズにやったか、
    それだと危険性もあるのでオタマジャクシを持ってきたんでしょうね…
    そういう変態の所業を聞くのが好きな自分がいます。笑

    あと、ごめんなさい。自分は演技でもアンアン言ってくれる方が好きですww
    しょーごさんみたいに、めっちゃ喘ぎ声でかい子に「声でかいから自然に…」って言ったことあるんですけど、それでも声でかくて、それにめちゃくちゃ興奮しましたwww
    ちなみに、横隔膜だかが衝撃を受けるから、多少は声出ちゃうってのもあるらしいですね。

    • ショウゴ より:

      namaさん!

      おたまじゃくしを運ぶのって大変じゃないですか!w

      確かにそういった変態の所業は、いろんな感性があって面白いですよね!

      namaさんは、アンアン派でしたか…w

      横隔膜の話、初めて知りました。

      そうなんですね!

      それを聞いたら、少しはアンアン派になれるかもしれませんw

  2. レコユヅ より:

    こんばんは。お疲れ様です。お盆でバタバタしてましたが、今回の記事も非常に楽しませて頂きました。ショウゴさんの記事って、昔をめちゃくちゃ思い出すので楽しいだけじゃなく、かなり感慨深いです。w自分も色んな性癖の持ち主に男女問わず会ってきましたが声を噛み殺すタイプが好きでしたねwww強烈だったのは目玉を直接、舐めて欲しいと言う女性でしたね、、、

    • ショウゴ より:

      レコユヅさん!お疲れ様です!

      遅くまで大変だったんですね。

      そんなお忙しい中、記事をご覧になってくださって、本当にありがとうございます。

      ふと、いい思い出が甦る瞬間って、なんかいいですよね…

      レコユヅさんは、俺と同様で、静かなタイプが好きでしたかw

      しかし、目玉を舐めて…という性癖は、なかなかの変態っぷりでいいですね!

      レコユヅさんは舐めたか気になりますw

      俺だったら…どうかなーw

      興奮してたら、やるかもしれません!

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ