--- Sponsored Link---
2018年5月16日(水) 01:00 ㊙スロットパチンコ考察コメント(0)

パチンコ店役職者(店長、副店長、主任、副主任)あるある

読者の皆さん!こんにちは!

スロットブログ村の革命児ショウゴです。

今回は、パチンコ店役職者ならではのあるあるネタを公開していこうと思います。

打倒2-9伝説たけし!
にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします!

では本日もどうぞお楽しみください!

パチンコ店役職者はよく従業員にウソをつく

これは、単刀直入に言うと設定関係です。

設定が入っていないにも関わらず、役職者は朝礼などで、「今日は設定入れといたから自信もって案内してください!」…と伝えますが、結構ウソだったりします。

俺もしょっちゅうウソついてましたw

例えば、ワンボックス押忍番長が32台あったとして、各列に1台だけ設定4を投入し、あとは全部設定2である場合だったら…


「今日は、マジで6が複数入っていて、4とかもメッチャ入っているから、来店されたお客様におススメしてね!」

みたいな感じで伝えます。

他にも、オール2であったとしても、上記のような言い方はしませんが、今日も設定は入れてあるから自信もってご案内してね!…と伝えたりします。

さすがにオール2の状態で、設定6を複数入れている…なんてことを伝えたら、わかる人にはバレてしまうので、濁(にご)した言い方をして、うまくごまかしますかね…

なぜ従業員(平社員)嘘をつくのか?

これって答えは単純で、スタッフが自信をもってお客さんに案内できなくなってしまうからです。

さすがに従業員に明確な設定を教えるわけにもいかないので、仮に教えられたとしても、ウソをつくと思います。


「今日は押忍番長がオール2だから、何とかお客さんをごまかして、うまいこと誘導してね!!」

こんなことを伝えようものなら、確実にスタッフは自信をもってお客さんに案内できなくなってしまいます。

下手すると、スタッフの表情でお客さんに悟られてしまうかもしれませんからね…

なので、スタッフのモチベーションをさげないように、常日頃からバレないようなウソはついてましたね。

例をあげると、今では設定示唆の札などをさせなくなってしまいましたが、オール2で営業していて、ワンボックス32台が満席だったとします。

この状態であれば、スタッフにこう伝えます。

※インカムの内容


「リーダー!今から番長に全台456の札つけといてー!」

ホールリーダー
「え!?了解しました!!」

平社員
「そうだったんですかー!!!」

女性アルバイト

「うわー!打ちたいですー!!」


「だよな!俺も打ちたいよw」

男性アルバイト
「空き台になったら打っていいですか?w」


「いいけど、換金させねーよw」

男性アルバイト
「俺なんでこの店入っちゃったんだろう!他の店でバイトしてれば、ここで打てたのにw」

リーダー
「おいおいおい、それインカムで言うなよ!」

アルバイト
「すいませんーw」


「今座っているお客様を帰すなよー」

全員
「了解しましたー!」

と…このようにスタッフに声掛けすることにより、モチベーションをアップさせ、自信を持ちますので、より自信を持ってお客さんにおススメ機種として案内できます。

プラステンションも上がるので、接客もより元気になるんですよね。

ちなみになんですけど、ご存知の方もいるかとは思いますが、設定456…というのは、ほぼ設定2or4である可能性が結構高いです。

信頼できるお店で、オール4

そこそこ信頼できるお店で、2と4のハーフ

あまり信用できないお店で、4が1台か2台で残りがオール2

信用できないお店で、オール2

皆さんもホールで遊戯している際に、明日のおススメ機種の案内であったり、設定示唆のご案内だったりと、声がけをされることがあると思いますが、所詮役職者ではなく、一般社員やアルバイトが言わされている可能性が大なので、鵜呑みにしない方がいいです。

あくまでも参考程度に…

真実の設定を知っている人物とは?

基本的に、現場には姿を現しません。

スタッフが手に負えないトラブル(人的トラブル、機械トラブル)などで、たまに顔を出す役職者がいると思うのですが、このような人物が設定を知っている可能性があります。

まあ、小さいお店だったり、中型店で設定を知っている人物で、現場に出ている役職者もいるにはいますけどね…

ダイナムとかマルハンの場合だったら、設定を知っている人物は1人、もしくは2人がいいとこでしょう。

ちなみになんですが、ダイナムとかマルハンより、他のイケイケ中型店のほうが役職者の給料が高いです。

これってなんでか?

マルハンやダイナムなどの大手の役職は、他のパチンコ店に比べると責任がある仕事を任せてもらえないからです。

これは、個人的な見解(多分合ってると思います)ですが、おそらく本社が設定を決めて、店長にFAXを流して、店長がその数字通りに設定を打ち変えているのでしょう。

要は、役職達で粗利の調整が出来ないんですよね。

据え置きの場合、マニュアル的なものが存在している可能性が高いです。

例→凱旋の600以上はリセット

役職の意味ねーw

基本的に、店長という役職は、自分で設定を決められる権限があります。

たまに主任や副店長といった役職者が決めている場合もあります。

こういった場合は、自分で計画立てて、店の粗利を調整しなければならないので、責任重大です。

ゆえに給料も、ダイナムやマルハンに比べて高いです。

中型店のイケイケのお店なら、なお高い可能性が大!!

自分で設定を決めて、自分で釘を叩いて、粗利調整がしてみたい方は、イケイケのパチンコ店に入社してください!

自分で粗利調整が出来ないで、お金回収するだけの役職なんて、意味ないでしょ?

このようなことを先輩や友人に話しても信じてもらえない時があります。

※ダイナム店にて


「基本的に、現場にいるスタッフの言うこと信用しちゃダメですよ!」

先輩
「いや、だってあのネクタイしてる奴が6入っている…って言ってたぞ!」


「あれは一応役職といえば役職ですけど、知らない可能性高いですから!」

先輩
「なんでだよ!?」


「ネクタイの力って説得力があるように錯覚するもんなんですよ。他のスタッフは普通の制服で、あの人はネクタイしてるから、あたかも設定知ってます…みたいに見えるでしょ?」

先輩
「見えるな!」


「でしょ?だけどそれが罠だったりします。」

先輩
「罠?」


「あれを利用して、俺もよくリーダーに明日は全台系のイベントがあるのでぜひともご来店してください…みたいなこと言わせてましたからw」

先輩
「リーダーは設定知ってたのか?」


「知るわけないじゃないですかw」

先輩
「ネクタイって恐ろしいなw騙されるよ」

と…まあこんな感じで、中にはネクタイをしているのをいいことに、設定をしらないくせに、カッコつけてあたかも設定を知っているかのように振る舞う中途半端な役職者(ホールリーダー、班長、副主任)がいます。
インカム

ドヤ顔
んで、自信満々にお客さんに遠回しに「俺は設定知ってるぜ?」みたいなことを口にはしませんが態度で示したりしますw

まあ…なにも知らなければ騙されちゃいますよねw

パチンコ屋の闇は深いですぜ!?

話をまとめると…

攻略法の真実

ダイナムマルハンといった大型店、もしくはスタッフの人数が異様に多い店の場合、真実の設定を知っている人物が現場にはいない可能性が大!
(現場にいるスタッフの設定示唆を鵜呑みにするのは危険すぎる)

中型店や過疎店で、スタッフの人数がまあまあいて、ごくたまに顔を出す役職者がいたら、その役職者は設定を知っている可能性がある。
(理由は現場メインではなく営業メインの仕事を事務所でしている可能性が高い為)

中型店や過疎店で、スタッフの人数が少ない場合だったら、設定を知っている人物が現場に出ている可能性アップ!
(積極的に仲良くなりましょう)

設定を狙う際は、気をつけてくださいね!

設定狙いにおいて、確かに技術も大事かもしれませんが、それよりもはるかに大事なのは、店の限りなく近い情報を知ることです。

店の情報さえ知ってしまえば、技術がなかろうが、十分に戦えます。

むしろ技術がある人をはるかに出し抜けます!

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました!

参考になれば記事を書いたかいがあり、嬉しく思います。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

打倒2-9伝説たけし!
にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします!

更新日時:2018年5月16日(水) 01:00 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ