--- Sponsored Link---
2018年8月7日(火) 09:39 ナンパ実践&ナンパ攻略記事コメント(6)

※パチンコ屋でナンパ攻略※パチンコ屋の女性店員であるシングルマザーを狙う方法(パチンコ店長クロロさん)からの質問)

こんにちは、ショウゴです。

今回は、パチンコ店長クロロさんから、直接お問い合わせにて、質問を頂き、それに答えたやりとりについて記事にしてみました。

質問内容は以下です

題名
(一度拒否られたパチ屋のアルバイトのシンママにワンチャン狙おうと思っています)


こんばんは。

パチンコ店長のクロロです。

ショウゴさんのブログは、エロパチ.comの姉妹サイトという勝手な位置づけで毎回勉強させていただいておりますm(__)m

今回は、パチンコ業界の希望ともいえるナンパ師ショウゴさんに質問させていただきます。

実は、数年前にスロ専で店長やっていた時に好きだったシンママがいるのですが、転勤したタイミングで単身赴任先のアパートメントに呼んだことがあります。

実は彼女に対しては、本業の他にネットビジネスとスロットで儲けまくっていることを話しており、「それらの作業でプライベートが忙し過ぎて、部屋がまったく掃除できてないから、時給1500円で掃除してくれない?」
というものでした。

彼女はそれを承諾して、休日の日に部屋にやってきたのですが、とりあえず4時間ほど掃除してもらい。昼飯を一緒に食べて、夕方には学童から子供が帰ってくるということで、16時くらいに帰るといった流れとなりました。

実際に彼女が来て部屋はキレイになり、100均などで色々収納物も買ってきてくれたので、かなり片付きました。
彼女は次来た時は、今回掃除できなかった押入れも整理したいみたいなことを言っており、4時間で6000円貰えたので嬉しそうでした。

つまり、その時点で今後も定期的に呼べることが確定していたわけです。

しかし、ここからが最大の失敗だったのですが、その日の帰りがけにいきなり彼女に抱きついて、付き合うのは無理だけど愛人になってほしいと告白しました。

当然、彼女はびっくりした様子で
「嬉しいけど私は結婚してる人とそういうことしないから」
みたいなことを言ってきて、その後いくら食い下がっても首を縦に振りませんでした。

ちなみに、その後も1回20万で頼んだのですがそれもダメでした。

彼女は月に18~19万程度の超絶貧困シンママでしたので、流石に1回20万払えばやらせてくれるかと思ったのですが、それもダメだったというw

その後、抱きついた時にキスしようとしましたがそれも当然拒否られました。
ただ、抱きついている最中に彼女のデカ尻を揉みまくりましたので、それはそれで良かったとします。

しかし、今更ながら痛感しましたが、初日に手を出さなければ89%ループの超ドキ並の確率で彼女を抱けたんじゃないかと思っています。

やはり、初日に手を出してしまうと不信感に繋がりますよね。
「最初からヤリモクで私を呼んだの!?」
みたいな。

彼女が私に対して気がなかったのは明らかですが、初日に手を出さずに複数回部屋にやってきて徐々に親密になったあとにトライすれば成功したと思うのです。
(現に初日はまたバイトに来る気まんまんでしたので)

それが、初日に告って失敗した為に、それ以降は彼女が部屋に来ることはありませんでした。

彼女は40前のBBAですが、BBA好きの私としてはかなり好みで、どうにか引き戻しゾーンに入れないかなと思っている次第であります。

そんなわけで今では
「嬉しいけど私は結婚してる人とそういうことしないから」
というセリフを元に、じゃあ結婚してない人とはやりまくっているのね。という流れで彼女がどこかの男とエッチしているところを想像しながら5回に1回くらいのけっこうな割合でオナってます。

前置きが長くなりました。

実は最近、彼女が現在の店長とシフトの件で揉めてバイトを辞めたみたいなのですが、これを機にもう一度コンタクトを取ってワンチャン狙いたいと思っています。

っていうのも、同じ会社内のスタッフであれば慎重に対応せざるおえないですが、会社をやめたのであれば大胆な行動に出ても問題ないわけです(例えば不倫がバレて降格になるということもない)

彼女に拒否られてからすでに3年以上経過していますが、連絡先(LINE)は知っていますので、久しぶりにコンタクトを取って会うためにはどのような行動をすれば良いでしょうか?

おそらく期待度0.2%程度の引き戻しゾーンかと思われますが、ショウゴさんであればそれを20%くらいにまで引き上げることが可能なのではと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。

以上が質問内容となります。※(大人の事情で、セ◯クスというキーワードがエッチに編集してあります)

クロロさんから質問がきた時に、俺は3つの答えがよぎります

クロロさんの性格上、一番濃厚なのが…「何かをたくらんでいる」(‘ω’)→60%

次に濃厚なのが…「おふざけ」( ゚Д゚)→38%

真面目に相談している(ーー゛)→2%

昔からクロロさんのブログ、メルマガを完全読破している俺は、瞬時に上記のような表が思い浮かんだのですw

パチンコ店長クロロさんといえば、月間150万PVオーバーをしている超絶人気サイトの管理人であり、他にも複数のサイトを運営しています。(メルマガに登録すれば分かります)

彼は、非常に文才もあり、俺は彼のブログが大好きで、ブログ初期の頃から愛読しています。

何かをたくらんでいようが、おふざけであろうが、真面目であろうが、そんなことはどうでもいいです。

なぜならば、どれに転がっても面白いからです。(クロロさんだから何かをやらかす可能性大)

事務所でセ◯レと会う約束をしていたのですが、こんな面白い質問が来たのであれば…

そんなものはキャンセルだ

男と女の肉と肉のぶつかり合いなんて、いつでもできる。

質問がきたのが、夜中の12時を回った時だったであろうか…

女との約束をキャンセルし、クロロさんの質問内容についての答えを考えていました。

クロロさんの質問に対してショウゴの返答

ショウゴ

クロロさん こんにちは!

クロロさんのことだから、この質問も真剣なのか、おふざけなのか分かりませんが、真剣にと受け止めて答えさせて頂きますw

クロロさんが以前に、彼女に対して「 それらの作業でプライベートが忙し過ぎて、部屋がまったく掃除できてないから、時給1500円で掃除してくれない? 」という言葉と言うのは、一番最初にターゲットである女性に対しての接し方として、正解の行動でした。

というのも、女性に嫌われてしまう、もしくはセフレとして見てくれない大きな原因として考えられるのが、「相手に好きだという思いを悟られた時」です。

恋愛対象として、クロロさんが相手を見ている場合は、また別の話になりますが…

おそらく、セ◯レとして今後も関係を続けていきたいという考えですよね?

セ◯レとして、愛人として、ターゲットの女性と接する際、これは絶対にやっちゃいけないことです。

でも、目的の女性がいた場合、焦ってしまい、いきなり手を出す気持ちも非常に分かります。

せっかく会う機会があったから、今手を出しておかないと、今後、会うチャンス、エッチ出来るチャンスはこないんじゃないか?…だったら今手を出してしまおう…みたいな考えになってしまうんですよね。

このパターンで成り立ってしまうのは、双方とも両想いだった場合です。

しかしながら、今回の場合は、おそらく相手はまだクロロさんに(体の関係を持つ)までの好意に至らなかったから、失敗してしまいました。

ですが、今後も諦めたくないのであれば、まだ可能性としては間違いなくあります!

少し、俺の話をさせてください。

俺は、ぶっちゃけ幼い時から、女性にモテてきました。

しかも異常なくらいモテてきました。

しかし、大学生くらいになり、ふと気がついたことがあるのです。

その気がついたこととは、「俺は女にモテるのに、なんで本命の女は振り向いてくれないんだ?」…という疑問です。

そう、なぜか本命の女性には「セ◯レ、恋人」として成立しなかったんです。

それからというものの、俺はかなり必死になって、様々なパターンを試行錯誤して、あることに気がつきました。

「好意を持っていると気づかれるからフラれるんじゃね?」…ってことにです。

これって周りの男からしたら、俺をぶん殴りたい言葉かもしれませんが、「モテてきたからこそ」気がついたことです。

よくよく考えてみると、超タイプの女とデートする時、セ◯クスはするけどそこまでストライクではない女性とデートする時、扱い方は普通だったら当然違います。

多くの男性はこれをやってしまいがちです。

そうすると結果どうなるかというと、「超タイプの女性は振り向いてくれない」「セ◯クスはするけどそこまでストライクじゃない女性は振り向いてくれる」というパターンになります。

俺が以前疑問を抱いていた「なぜ本命(セフレも含め)は俺に振り向いてくれないんだ?」ということに対しての答えでした。

もしかして、「そこまでタイプじゃない女性とデートする時と同じ接し方をすればいいんじゃね?」…ってことです。

相思相愛ならともかく、相手が好意を抱いていないパターンの免疫がなかったので、これに気がつくまでが本当に遅かったです。

好意を持った女性がいました。

相手はそこまで好意を持っていないことに、俺は気がついていません。

俺はそうとも知らず、好意を全面的に表現します。(こまめな連絡)

拒否られます。

疑問に思った俺は、ここで「忙しい?」などの連絡を連発

さらに連絡がとれなくなる

連絡が途絶える

このパターンですねw

これに気がついた俺は、一度は嫌われてしまった女性に再度アタックして、セフレに持ち込んだ経験があります。

まず俺はどうしたかというと、「警戒心を解く」ことでした。

要は、俺はあなたを女性としては全然見てませんよーって思わせることです。

これが非常に重要なことで、女の人って不思議なもので、その警戒を解いてしまえば、過去にクロロさんがした行為なんてものは、忘れてしまう可能性すらあります。

しかも、女の人って結構自分勝手で、「あれ?クロロさん、私のこと好きじゃなかったの?おかしいな…」なんて、自分が都合の悪いことに対して、疑問を浮かべたりします。

ブログにも公開した例を簡単にご紹介します。


「お姉ちゃん!」


「何?」


「今から彼氏と遊ぶんだけど…」


「ダルいの?」


「マジでダルい…」


「生理痛とか言って、適当に断れば?」


「でも、キープはしておかないとなんないから」


「んじゃ頑張れば」


「あ!電話だ…ダリぃ…」


「もしもし、うんうん…そうなんだ…わかった…」


「どうしたの?」


「なんか用事があって今日は無理だってさ…」


「よかったじゃん!」


「うーん…」


「どうしたん?」


「ねえねえお姉ちゃん…」


「ん?」


「さっきウザいって言ったけど、いざ断られると結構ショックだね…」

これは実際に俺の目の前で起こった出来事です。

クロロさん、こんな都合のいい生き物ですw

結構多くの女がこれにあてはまることに気がつきました。

俺はこれをリバウンド作用と命名しましたw

このリバウド作用を利用することで、「あれ?私のこと好意を持っていたのに…え?どっちなの?」…みたいな感じで、クロロさんのことを頭から離れられなくするんです。

クロロさんが相手に対して好意を持ったことに気がつかれてしまったのであれば、これを利用してください。

普段クロロさんは、出会い系などの女性と接していることが多いと思いますが(サイトを確認させて頂きました)、出会い系で出会った人の場合、完全に割り切りみたいな感じで接していると思います。

そこまで雑な扱いはしないでください。

どうするかというと、そこまで好意を持っていない女性と同じ接し方をしてください。

同じ接し方と言っても、冷たくあしらうのではなく…

愛想がいいが相手に好意を持っていることに気がつかれないように余裕を持って接する→相手は少し疑問を抱く

慣れてきたら、少しそっけない態度をとって相手の出方を伺う→相手は更にわけわからなくなる(この時点でクロロさんのことを意識しだす)

これをしばらく長い目で見て繰り返して、タイミングを見計らってセ◯クスに持ち込む

要は、ドラクエでいうメダパニですw

混乱させて、クロロさんという存在を脳裏によぎらせる作戦です。

脳裏によぎらせることに成功したら、女性はそれを好きだと錯覚する場合が多いです。

今後連絡をとるのであれば、「久しぶり!元気?」などと疑問形で送信しない方が個人的にはいいと思います。

なぜならば、現時点ではクロロさんは好意を持たれていないので、好意を持たれていない段階でいきなり疑問形で送信してしまうと、会話は終了してしまいます。

悪く言うなら、「元気だけど、アンタにかんけーねーだろ!」…と最悪思われてしまいますので…

一度好意に気がつかれてしまった女性に対して、疑問形で会話を成立させようとすると、どうなるかというと、「まだ私のこと興味持ってるんでしょ?」…と思われてしまう可能性が高いからです。

そうではなく、クロロさんは多忙でしょうから、マジで忙しいことを相手にアピールして、過去みたく何かお願いしてみてください。

あくまで事務的にです。

クロロさんは、0.2%といいましたが、個人的には60%くらいイケんじゃね?…って思っています。

なぜならば、過去に部屋の掃除をしてもらったという関係が成り立っているからです。

マジで嫌いな相手だったら、絶対にこんなことはしません。

しかも、3年も経過しているのであれば、少しは過去のクロロさんがやった行動が薄れているはずです。

最初はあくまでも事務的に…ということを忘れないでください。

「は?何勘違いしてんの?もう俺はあなたをそういう目では見ていないよ」…というのを雰囲気で示してください。

それから、2人で会うことにこぎつけたら、もうこっちのものだと個人的には思います。

それを突破したら、先ほど言った

愛想がいいが相手に好意を持っていることに気がつかれないように余裕を持って接する→相手は少し疑問を抱く

慣れてきたら、少しそっけない態度をとって相手の出方を伺う→相手は更にわけわからなくなる(この時点でクロロさんのことを意識しだす)

これをしばらく長い目で見て繰り返して、タイミングを見計らってエッチに持ち込む

っていう作戦が一番可能性があります。

コツは、「もうこの女は好きじゃない」…と自分に洗脳かけてました。

そうすることで、いつの間にか、そこまで興味がない女性と同じ接し方をしているんです。

気がついたら、向こうが好きになって、こっちが興味がなくなった…なんてこともありました。

逃げれば追いたくなる、追われれば逃げたくなるとはまさにこのことですね。

マジで応援していますので、頑張って下さい!

と…このように返答しました。

さて、ネットビジネスの天才クロロさんはどう出るんだ?

ワクワク…

何かをたくらんでいるのか?

おふざけなのか?

それとも2%の真面目な相談なのか…?

さて、しばらくすると…返信がありました。

内容は下記です。


こんにちは。

大変ご丁寧なご返信どうもありがとうございます!
大変勉強になりました。

まず、ショウゴさんの冒頭の

> クロロさんのことだから、この質問も真剣なのか、おふざけなのか分かりませんが、真剣にと受け止めて答えさせて頂きますw

という部分にニヤっとしましたw
流石、よく分かっておられますね。

一応は、あわよくばと思っておりますので、真剣といえば真剣ですよw

そして、ショウゴさんのアドバイスを拝見させていただいた時に、何となく自分でもイケそうというイメージが湧いてきました。

ですので、後日LINE送信してみたいところなのですが・・実は最近になって転勤により住所が変わってしまったのです(^^;

そのシンママとの距離が今までであれば40分ほどの距離だったのですが、現在では2時間以上の距離となってしまったので、流石に以前のように「掃除してほしい」という口実で呼ぶことはかなりキツくなってしまいました(^^;

たしかに、考えてみると40分の距離をやって来て掃除してくれた時点で、金が目的だといいつつも私のことが嫌いだったらまず来ないでしょうから、初日に手を出さなければどこかのタイミングで必ずエッチに持ち込めたと後悔しております。

それにしても「追うと逃げる」「追わないと気になりだす」という女の習性ってなんなんでしょうね(^^;

ほんと、面倒くせえ生き物だなって思います。

普通に遊ぶなら男友達の方が楽しいわけだし、もし男に性欲が存在しなければ女には一切関わらずに済むんですけどねw

ちなみに、

・3年間連絡取っていない
・住んでいる場所が3時間も離れている

この状況で、シンママにコンタクトをとって会うことは流石に無理でしょうか?

このシチュエーションですと、前回のような口実が作れないので、会うことはほぼ不可能のように思います。

それにしても、ショウゴさんのブログを読んでいると、すごくモテる人なんだなってことは話の節々で伝わってきますよ。
何というか文章自体にもなよなよしさがないんですよね。

今後のご活躍を応援させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PS.
ショウゴさんの貴重なお時間を使われて返信されていることもありますし、ここでの質問返答は記事にしていただいてもけっこうですのでお好きなようにお願いします。
(それがアクセスに繋がれば少なからずの収益も発生しますので)

差出人の「パチンコ店長クロロ」や文章の内容もすべて公開しても問題ありません。

もちろん、それも気が向いたらでけっこうです。

なんと( ゚Д゚)…

真面目な質問だったとは…2%をツモってしまった。

これはこれで、面白い!!

何が面白いって、文面が超リアルすぎる…

かなり、リアルな会話ですね。

他にも、アクセスアップ関係の話が絡んでますから。

クロロさんといえば、本業、ネットビジネス、スロットにおいてかなりの年収を叩き出しています。

俺と同じで、女には不自由していないはず。

なのにも関わらず、相談してくるということは…

それほど魅力的な女性なのでしょう…

これは、何が何でもエッチに成功してほしいです。

この質問に対して、以下の返答をしました。

ショウゴ

こんにちは!クロロさん!

説明がヘタクソで本当に申し訳ないです。

参考になりましかね?w

例の方とは、以前と条件が違うみたいですね。

・3年間連絡取っていない
・住んでいる場所が3時間も離れている

この状況で、会うという状況に持っていきたいわけですね!

クロロさん!こんなの余裕ですよ!

まず、最初に聞きたいのですが、クロロさんとその方の関係でしか成り立たない会話って何かありますか?

過去の楽しかった思い出でも何でもいいです。

例えばなんですが、過去にクロロさんは部屋を掃除してもらいました。

クロロさんは忙しいという理由で、掃除を依頼したかもしれませんが、俺だったら+で付け加えるとすれば、掃除が苦手という理由でお願いしたかもしれません。

全然苦手じゃないんですけどねw

連絡手段の最初の一歩として、「相変わらず掃除が苦手でさー、○○○とかって掃除する場合、何か効率のいい掃除方法ないかなー?」…更に付け加えるとするならば、「いやー○○さんの偉大さが分かったよ!マジ尊敬するわー!」…みたいなきっかけですね。

これはあくまでも一例ですが、多少のリスクもあります。

女の人って「場所の思い出」的なことが脳裏に浮かびやすくて、先ほどの連絡手段だと「掃除=クロロさんに手を出された」みたいなことが脳裏に思い浮かんでしまい、拒否反応を起こす可能性があるんですよね。

でも3年もたっているのであれば、大丈夫だとは思うんですがね。

それ+大丈夫の根拠を付け加えるとするならば、その方を抱いた際、お尻を揉んだ際、あからさまに拒否はされませんでしたよね?

クロロさんも言っていましたが、あからさまに拒否されなかったということは、その後じっくり関係を温めていけば、体の関係を持てたはずです。

そこまでの関係なのであれば、掃除というキーワードを伝えた所で、何も問題はないはずです。

もしかしたら、もしかしたらですが…クロロさんに抱かれた時の思い出が、いい方向に脳裏に焼き付いている可能性すらあると、俺は思っています。

この妄想って一見キモいかもしれませんが、こういうポジティブな考えでないと、女性というのは見抜きます。

「あ!この人、なんかよく分からないけど、自分に自信がないんだな!」…って

クロロさんがその方を抱いた思い出がいい方向に脳裏に焼き付いている可能性があるのは、その辺のキモイストーカーの思い出とはワケが違うからです。

クロロさんがおっしゃる通り、女の人って、本当に面倒くさいのですが、時が立つと、過去の行為が美化されているなんてこともよくある話です。

俺なんて、無理矢理エッチした相手から、1年後辺りに、デートの約束を向こうからされたくらいですから。

しかも、会う=ヤラれる、と向こうは俺の性格を知っているのにも関わらずです。

ちなみになんですが、これだけじゃありません。

こんなことはよくあった話です。

クロロさんを勇気づけるマインドはこれまでとしてw

キッカケ作りでしたよね?

最初にお伝えした通り、 クロロさんとその方の関係でしか成り立たない会話を思い出してほしいです。

ご飯でも、掃除でも、パチ屋でもなんでもいいです。

ちなみになんですが、「会う」というキーワードはまだ使わないでくださいw

危険極まりないですw

先程、例文を書きましたが、出来れば2人に共通する過去の思い出話から、徐々に花咲かせて、例文に持ち込むという作戦が、鉄板だと思います。

いつでも連絡お待ちしているので、遠慮なくご相談ください!

追記~

いつもネットビジネスに関して、勉強させて頂いてます。

実は、クロロさんという方のブログを見ていなかったら、俺はここまで自分の持ち味を表現できなかったとすら感じてます。

ちなみになんですが、クロロさんが◯◯市に住んでいる頃から、ブログを拝見していました。

たしか、「しょう」という名前でコメントを一時期してましたね。

コメントを返してくれるクロロさんに、喜んでいましたw

やったーコメント返してくれたーって!

クロロさんがラブ嬢の奇数図柄の恩恵に対して、疑問を持っていたので、それでコメントしたと思います。

高確スタートですよーって!

いつもブログを拝見して、「なるほど!こんな感じで、自分を全面に表現していいんだな!」…と後押しされたくらいです。

今でも日々、クロロさんのブログやメルマガをチェックし、ネットビジネスの考え方を参考に奮闘しています。

なんならたけしさんにコンサルをお願いしたのも、過去にクロロさんのブログにコメントした通り、クロロさんに憧れて、この人みたいになりたいと考えたからです。

お世辞ではなく、本当に尊敬しています。

俺からしたら、クロロさんの方がイケメンですよ!

ブログにこのやりとりを載せる…という件ですが、クロロさんのメリットが…w

俺には、このやりとりを載せることで、クロロさんがメリットになる要素が見当たりませんでした。

むしろこの記事を載せることで、クロロさんが得をするというのであれば、喜んで載せますが、俺の時間に対する対価としてであれば、載せませんw

このやりとりだって、当然墓場まで持っていくつもりですから!

クロロさんは本当に優しいですね。

貴重なお時間なんてとんでもないですよ。

むしろ、こっちが学んでいます。

と…このように返信したのである。

この文面の通り、この内容を掲載することで、クロロさんのメリットが思い浮かびませんでした。

当然、クロロさんや、他の読者の方のお問い合わせは、プライバシーのことなので、サイト管理者としては、墓場まで持っていくのがスジであり、当然そうしています。

この文面を掲載し、もしクロロさんが身バレした時に、家庭内トラブルを引き起こしてしまう可能性なんかを考えたら、それこそ問題である。

個人的なやりとりだけで済む話で、わざわざブログに書くなんて、前代未聞なことはできない!

それに対して…、クロロさんから返信がありました。

内容は下記です。


「テメェ、バカヤロウ!!!!!!!そんなもの大丈夫だ!!!!!いいからさっさとエッチする方法教えろや!!!!!!」

ではなく!


こんにちは。
お世話になっております。

3年ぶりに会うのが余裕というショウゴさんのご意見に驚きましたw
流石ですね。

ご質問にお答えしますと

>最初に聞きたいのですが、クロロさんとその方の関係でしか成り立たない会話って何かありますか?

んーー。

難しいですが、その子からは毎日のように「クロロ店長って天然ですよね?w」って言われていて
それに対して私の方は「佐藤さんって声がなまっているよねw」と返してましたw

このやり取りが日課でしたね。

率直に向こうが私に対してどう思っていたのかというと
「個性的で変わっていて面白い人」
「結婚してるのもあるけど個性的過ぎるので恋愛対象からは除外」
といったところかと思います。

その他には、その子が一度副店長とシフトの話でいざこざがあって、バイトをやめようか悩んでいた時に私が相談に乗って解決したということがありました。

実際に辞めようと思って職安にも行ってきていたのですが、個人的には好きだったこともあり辞めてほしくないと思い、うまく話を聞いてあげて仲介したところ残ってくれることになりました。
(その時は感謝されました)

とりあえず、流れとしては「会う」というキーワードは使わずに、連絡して反応を見るってところからですかねw
いやあ、それでも3年ぶりに連絡した時点で明らかに下心あるみたいな警戒心を持たれるような気がしますがww
(最初の一文が特に迷います・・どんなメッセージを送ればいいのか)

それでも失うものは何もないんでやってみますかね。
仮に反応があっても会話が持たなそうな気がしますが、決心付いたらLINE入れてみます。

PS.

ラブ嬢の高確スタート懐かしいw
だいぶ前にそんな記事ありましたね。

私の影響でブログ始めた人が沢山いるということはたけしさんから聞いておりますが、このことに関してはとても嬉しく思います。

記事に関しては、どちらかというとメリットがあるので、ショウゴさんさえければ「読者さんからの質問が届きましたのでお答えします」みたいな感じで記事を書かれてもけっこうです。
なぜメリットなのかというと、私の場合はカリスマ性とかブランディングとかそういうのはあまり考えていなくて、徹底してリアリティに拘っているからです。

よく自分の弱いところを一切見せたがらない人もいますけど、そういうスタンスではなくあえてクズキャラを演出したりします。
それによって、人間臭さを表現した方が面白いと思っているからです。

ですので、ショウゴさんの記事に掲載されても、パチンコ店長をしていた時の人間臭さを伝えることができるので、良いことだと思っていますし、むしろ私の方がショウゴさんに相談させていただいた記事をブログ(たぶんエロパチの方です)で掲載するかもしれません。

ショウゴさんとしては、ナンパを題材としてパチスロブログを書いているわけですから、クロロ店長から相談を受けたという記事を書けば間違いなく面白いと思いますしショウゴさんのブランディングにもなると思うんですよね。

以上となりますが、この件に関してはあくまでショウゴさんのご自由にしていただいてけっこうです。

それではまた。
貴重なお時間をどうもありがとうございました。

なんと( ゚Д゚)…俺のブランディングを考えてくれていたとは…

基本的に俺もクロロさんのように、カリスマ性やブランディングにはこだわっておらず、リアリティにこだわっている。

俺は、カリスマ性や、ブランディングを強調するブログは大嫌いであり(うさんくさい)、クロロさんのようにリアリティなブログを書いてみたいと思って、ブログを始めたからです。

日々女と遊んでいる光景を、ボイスレコーダーなどに録音して、それをそのまま記事に載せるというこだわりがあります。

女を引っかけることが長所である俺は、「よし!これをブログの柱としよう」…と考え、今に至るわけです。

ここで、俺はふと思いました。

俺のブログは、クロロさんと同じように、リアリティを追及している。

ん?リアリティ?

これもリアリティじゃね?

今回のやりとりもリアリティなのです。

気がつかなかったー!

クロロさんから学んだような気がします。

もちろん、読者の方の個人的な質問は、墓場まで持っていきます。

しかし、今回は、リアリティにこだわっているブロガー同士のやりとりです。

しかも、リアリティにこだわっているブロガーの方が、「掲載して大丈夫です」…と言っているのであれば、尚更記事にするべきだと考えました。

そして、クロロさんに対して、返信します。

ショウゴ

こんにちは!

クロロさんのことだから、即実行してしまうと思い、急いで返信しましたw

その会話が思いでなのであれば、俺だったら、「どうも!久しぶりです!佐藤さんから天然だと言われ続けてきたクロロです!w」みたいな感じで、相手に思い出を甦らせます。

その後に返信がきたら、「声がなまっている佐藤さんはお元気ですか?w」みたいな感じで、最初は疑問文で送信するのではなく、反応があったら、「声がなまっている佐藤さんはお元気ですか?w」みたいな流れで、徐々に思い出を美化させてみてください!

と…このように、早濡ヤローのような光の速さで返信しました。

もしや、もう手遅れか!?

すぐに返信があり、次のような答えが返ってきました。


「てめぇ、バカヤロウ!!!!」

「オナ猿でもあるまいし、いくら俺が秒速で◯◯◯◯万円稼ぐだとしても、女にまで秒速だと思うか?
てめぇと一緒にするな!!」

では、なく(ある意味同じ文面ではあるが…)


お世話になっております。

お気遣いどうもありがとうございます。

> クロロさんのことだから、即実行してしまうと思い、急いで返信しましたw

ビジネスに関しての行動は早いですが、女に関しては遅い方なので、即実行というわけではないですw

なるほど、思い出を蘇らせてから疑問系というわけですね。

シンママは忙しいでしょうから、送信する日時にはちょっと気を使いますね。
ショウゴさんのおっしゃる通り、まずは挨拶だけにしておいて、反応があったら近況を聞いてみます。

何か進捗があったらご連絡させていただきますねw

と…俺の思い違いだったようでした。

マジで、何事にも秒速で行動する方なのかと思っていましたからねw

本当のリアリティの追及

今回、クロロさんとやりとりをして、「なるほど、こういうリアリティもあるのか!」と気がつくことができ、逆にこちらが学ばせて頂きました。

彼は、クズキャラを前面に出している…とは言っていますが、非常に色気のある方だと思います。

ブログの文面でもそうですが、クズキャラを出していても、どこか大人の魅力を感じてしまいますね。

これが40代の色気ってやつです。

なぜ彼のブログを読み続けているかというと、「リアリティ+色気がある」からです。

俺はこのように、色気がある方は大好きです。

欲望をむき出しにしていることは、一見下品だと思われがちですが、そうではないこともあります。

2パターンの欲望

・欲望を前面に出すだけのキモイパターン

・欲望を前面に出すけど、どこか大人の魅力を感じる色気のあるパターン

彼の場合は、後者になります。

俺は、彼のブログの人気の根源は、これが答えであると考えています。

クロロさんは様々なサイトを運営しているので、ぜひともご覧になって下さい。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました。

打倒2-9伝説たけちゃん&打倒パチンコ店長クロちゃんに変更します。

読者の皆様、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 スロットブログへ

こちらの記事は、パチンコ屋でナンパ~総まとめ編に追記しますので、他の記事もお楽しみください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

更新日時:2018年8月7日(火) 09:39 コメント(6)

6件のコメント

  1. レコユヅ より:

    お久しぶりです。今回の記事、めちゃめちゃ面白かったです。昔あったあれやこれを思い出しました。www
    何故か男女で性欲の違いが食後に1番違うという話が頭に浮かびました。何故でしょう?w
    今は全然、ナンパしなくなりましたが一目ですぐにヤれるか時間がかかるかがわかったあの頃が懐かしいです。
    記事が更新されたら必ず読ませて頂いてます。

    • ショウゴ より:

      レコユヅさん!お久しぶりです(^^)/

      記事を楽しんでもらって、なりよりです!

      腹が満腹になると、性欲が衰える話ですよね?

      なんでその話が思い浮かんだのでしょうかw

      なんと( ゚Д゚)レコユヅさんは、現在ナンパしていないのですか?

      もったいない…(ーー゛)

      この機会に現役復帰をされてみてはいかがでしょうか?

      てか、してください!

      必ず読んで頂けるなんて、ブロガーとして、最高に嬉しいです。

      今後も期待してお待ちください!

  2. ぽら(notポラーマン) より:

    初めまして、いつも楽しく拝見させてもらってます!
    今回の記事、メッチャ面白かったですw
    ショウゴさんの技術を少しずつ盗んで僕もナンパ道進んできます、したことないけど

    • ショウゴ より:

      ぽらさん!こんにちは(^^)/

      notポラーマンは面白いw

      わざわざ付け加えてお気遣いありがとうございます。

      IPアドレスは随時確認して承認しているので大丈夫ですよw

      記事を褒めて頂き、かついつも読んでくれているのですね!?

      本当にありがとうございます!

      ナンパって一見無理ゲーと思われがちですが、場数を踏めば、意外にイケるということに気がつくはずですよ!

      頑張ってくださいね。

  3. クロロ より:

    先日はどうもありがとうございました。

    しかし、こうして質問文を読み返してみると明らかに“何か企んでいる感”がありますねwwww

    やはり、昔からの読者様およびカリスマナンパ師だけにそこには気づかないハズがないですよね(^^;

    まあ、今回のシンママはノリオとの卓球対決と同じくらい絶望的だと思っていたのですが、パチスロ界のカリスマナンパ師であるショウゴさんであればどう考えるのかなと、ワンチャン狙う狙わないは別としてそっちの方に興味がありました。

    その結果「クロロさん!こんなの余裕ですよ!」という返答にあったように、そういう自信というか余裕のようなものがある人だからこそショウゴさんはモテるんだろうな~~ってことを感じましたね。

    ショウゴさんからのアドバイスは今回のシンママ及びEカップキャバ嬢等の攻略などの良き参考とさせていただきます。

    • ショウゴ より:

      クロロさん!(^^)/

      こちらこそ色々勉強になりました。

      ありがとうございます。

      >>しかし、こうして質問文を読み返してみると明らかに“何か企んでいる感”がありますねwwww

      そうです!

      クロロさんは常にワクワクさせてくれる存在で、何かやらかすんじゃないのか?…という期待感があります。

      前々から思っていましたが、パチンコの営業に関しても、アドリブ王子に登場する店長とキャラが似ているんですよねw

      ロマンと色気を持った方…というわけです。

      ゆえに、パチンコ業界のみならず、様々な面でプロデューサーに向いているのではないかと考えています。

      >>やはり、昔からの読者様およびカリスマナンパ師だけにそこには気づかないハズがないですよね(^^;

      そうです、それだけ大ファンであり、目標なのです!

      パチンコ店長のホール攻略だけでなく、みんぱち、エロぱち、ブログノタツジン、メルマガ、すべてに目を通しています。

      >>まあ、今回のシンママはノリオとの卓球対決と同じくらい絶望的だと思っていたのですが、パチスロ界のカリスマナンパ師であるショウゴさんであればどう考えるのかなと、ワンチャン狙う狙わないは別としてそっちの方に興味がありました。

      いえ、ノリオめんこの間違いです。

      クロロさんのような、センスとロマンと色気を持った方であれば、ターゲットの女性を落とせないわけがありません。

      なぜそこまで言い切れるのか?…というと、まだまだマーケティング勉強不足の俺は、クロロさんのように相手をワクワクさせるロマンが欠如しています。

      相手を確信犯的にドキドキさせることができても、ワクワクさせることはできていません。

      ドキドキワクワクという言葉がありますが、クロロさんは両方兼ね備えた方だと思ったから、「クロロさん!こんなの余裕ですよ!」と返答しました。

      「この人は次に何をやらかすんだろうか!?」…という期待感がクロロさんの強みです。

      クロロさんは、これをビジネスだけに活用しているだけであって、女に活用すれば、俺以上の結果が出ると本気で思っています。

      まあ、クロロさんのことだから、ビジネスは本気で取り組んでも、女は適度に楽しむ…という感じでしょうけどねw

      しかし、クロロさんに本気を出されたら、40代の色気を持っていない俺は大ピンチですw

      なのでこれからも、クロロさんのブログを参考に、ロマンと色気を勉強させて頂きます。

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ