--- Sponsored Link---
2018年3月7日(水) 12:00 雑記コメント(0)

パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話~第2章

こんにちは、ショウゴです。

先日のお話の続きです。

前回の記事をご覧になっていない方はこちらからどうそ。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ
パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話

幼馴染を外に連れ出し話をすることに

まず確認したのは、幼馴染が北斗の拳世紀末救世主伝説で3箱ほど出していました。
ドル箱3箱カチ盛り

それについてのツッコミです。


「あれってもしかして、先輩の代打ちなのか?」

幼馴染
「まあ…そうだな…」


「マジでヤベーから今すぐにでもやめろよ!」

幼馴染
「でもバレなそうだから大丈夫だと思うよ」


「いやいや大丈夫じゃないから!お前もしバレたら損害賠償払えないだろ?」

幼馴染
「バレたらバレたで先輩が動いてくれるらしいから大丈夫だって!」


「動くって○○会系がってこと?」

幼馴染
「そう!」


「お前アホか?ここの店は○○会系(別の組織)なのに、そんなくだらないことでモメたらどうすんだよ?責任とれんのか?
中学生じゃあるまいし、○○会系が動いてくれるとか、恥ずかしいからヤメろや!」

幼馴染
「… …」


「お前責任とれないだろ?今すぐやめろよ」

幼馴染
「… …」


「やめないなら俺が直接先輩に言ってくるから!」

幼馴染
「いやいやいいよ!」


「んじゃ言ってこいよ!」

幼馴染
「わかったよ…」

そう言い残し、幼馴染は先輩のもとに行き、話をつけたみたいで、3箱流して、そのレシートを先輩に渡していました。

その様子を俺が見ていると…

凄い形相(ぎょうそう)で、その先輩が俺をにらめつけているのがわかりました。

ちなみにその先輩は、俺も面識があります。

普段はにこやかに話しかけてくる関係でした。

俺は関わりたくなかったので、ある程度の距離は置いていましたが…

まあ、睨(にら)んでこようが知ったことではない!

幼馴染が捕まるよりはね。

その日、俺は幼馴染を飯に誘いました

幼馴染
「やっぱ…ヤベーかな?」


「まあ…ハッキリ言ってヤバくないとは言えないよな」

幼馴染
「どうすればいい?」


「お前の先輩が見つからないことを祈るしかないだろ!」

幼馴染
「そうだよな…」


「脅かすわけじゃないけど、あんなガラガラの店で、お前を含めて、悪そうなチンピラ連中がバカ出ししてたら、さすがにバレバレだと俺は思うけどな」

幼馴染
「かな…?」


「いやいや、だって明らかにおかしいだろ?
お前と先輩は常連だったかもしれないけど、他の代打ち連中は、見たこともない輩じゃん!
そんな奴らが先輩とあからさまに話をしていて、怪しまない方がおかしいだろ!」

幼馴染
「… …」


「しかも当然その日の防犯カメラに録画記録は残っているから、事件になったらお前も呼び出されるだろ!普通に考えて」


「まあ…祈るしかないな…」

幼馴染
「だよな…」


「もし事件になったら、お前は絶対に頼まれてやったって言えよ!」

幼馴染
「どういうこと?」


「お前がやりたいって言ったわけじゃないんだろ?」

幼馴染
「まぁ…そうだけど」


「先輩に何言われようが、絶対にそこは曲げるなよ!」

幼馴染
「わかったよ」


「じゃないと、余計お前が損するだけだから」

幼馴染
「だよな…」


「まあ、多少はお前もお小遣いがほしいと思ってやったんだろうけど…」

幼馴染
「それは否定できないな」


「だけどバカ正直に答えたら、お前が危ないからそれは守れよ!」

幼馴染
「そうだな…」


「俺は正直、お前の先輩がどうなろうが知ったこっちゃないから!」

幼馴染
「そっか…てかお前の言う通り、やめとけばよかったよ…」


「今さらそれは手遅れだから言ってもしょうがないよ。
とりあえずほとぼりが冷めるまで店には行くなよ!」

このような会話を交わし、幼馴染と別れました。

そして数日後…

幼馴染から早朝4時くらいに鬼電が鳴りました。

最初気がつかなかったのですが、たまたま4時30分くらいに目が覚め、着信履歴を見たら、何回も俺の電話に着信が残されていたのです。

俺は速攻で幼馴染に電話をして、安否の確認をしました。

電話をかけると幼馴染が速攻で電話に出て、恐れていた事態が発生したのです。


「もしもし!大丈夫か?」

幼馴染
「あのさ、主任が拉致られているみたい…」


「主任って、○○君のことか?」

幼馴染
「そう…」


「お前は今どこにいるんだ?」

幼馴染
「先輩から連絡があって、とりあえず地元にはいるなって連絡があって、適当にドライブしているよ」


「マジかよ…」

幼馴染
「申し訳ないんだけど、精神的におかしくなりそうだから、一緒にいてくれないか?」


「今どこにいるんだ?」

幼馴染
「○○パーキングの駐車場で、止まっている。」


「とりあえず、そこに行くから動くなよ!」

幼馴染
「わかった…」

俺は急いで幼馴染がいるパーキングに向かいました。

今日はここまでにしておきます。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ

この記事を読んで、目先の欲に目がくらむとロクなことがないと分かって頂けたら幸いです。

更新日時:2018年3月7日(水) 12:00 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ