--- Sponsored Link---
2018年3月9日(金) 12:00 雑記コメント(0)

パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話~最終章

こんにちは、ショウゴです。

今回が最終章のお話になります。

前回までの記事をご覧になっていない方はこちらからどうぞ。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ
パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話

パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話~第2章

パチンコ屋の主任が店長を裏切り設定情報漏洩でクビになったお話~第3章

友達を送り届けた後、近くの公園で待機

俺は、公園の駐車場でただ待つしかありません。

彼が無事であることを祈るしかないのです。

この時も悪い予感しか思い浮かびませんでした。

もし、幼馴染がヤ○ザの先輩にお前も同罪だとか言われてしまったらどうしようとか、幼馴染が損害賠償請求なんてされたらどうしようなど、とにかく悪い予感しか思い浮かびません。

幼馴染の前では平静を装っていましたが、この時はあまりにも落ち着かなくて異常なほどタバコを吸っていたのを覚えています。

確かに彼は悪いことをしました。

同罪だと言われても仕方ないかもしれません。

いや、仕方ないというか当たり前です。

当たり前ですが、俺も人間です。

汚い話と捉えられるかもしれませんが、今回だけは見逃してあげてほしいと願うばかりでしたね。

最悪お金で示談がすめば御の字だと思っていました。

アイツの人生がかかっていると言っても大げさな話ではありません。

それだけに生きた心地はしませんでした。

公園の駐車場で2時間ほどが経過

まだ帰ってきません。

どうなってるのか!?

気になって仕方ない!!

俺は居ても立ってもいられなくなり、車を降りて徒歩でコンビニの駐車場に様子を見に行くことにしました。

バレないように、そっとコンビニの様子を見に行くと…

5人くらいで集まっているのが見えました。

メンバーは幼馴染、ヤ○ザの先輩、ヤ○ザの先輩の後輩達、いずれも代打ちに関わっていたメンバーです。

と、その時でした。

「おい!ショウゴ!」

しまった…

運が悪く目ヤ○ザの先輩と目が合ってしまったのです。

バレてしまったものは仕方ない。

俺は彼らがたむろしている現場に歩いて行きました。

ヤ○ザの先輩
「待たせて悪かったな」

ここでたまたま通りすがったなんて嘘をついても仕方ありません。

正直に俺は答えました。


「大丈夫です。それよりもどうなりましたか?」

ヤ○ザの先輩
「車の中で話すよ」

幼馴染の様子を伺うと、とにかく無事でした。

とりあえずよかったと思い、車に乗り込みました。

ヤ○ザの先輩
「おい!そういうことだからお前らは帰っていいぞ!」

ヤ○ザの後輩達
「はい!お疲れ様です!」

このヤ○ザの先輩の後輩達は、まだ20歳前後の若者たちです。

うちの地元では、このような若者たちがイキがりたいが為に、ヤ○ザのなんちゃって準構成員みたいな役割をしていることが多いのです。

暴走族に入り、地元のヤ○ザに国道を暴走していいかの許可をとり、その代わりにヤ○ザのなんちゃって準構成員的なパシリ作業を15歳くらいからやらされ、嫌でもヤ○ザと関わらなくてはいけません。
暴走

しかしこの時の彼らはまだ若いので、むしろヤ○ザと関わりを持つことがカッコいいと本気で思い込んでいるので、喜んで引き受けます。

そして、20歳半ばくらいになると、彼らはこのままではヤバいと気がつき、地元をバックレるというのが定番です。

このままでは本当に組に入れさせられてしまいますからね。

デカい顔して道を歩きたい!バックにヤ○ザがいる!…というステータスを持ちたいという、何ともおバカな理由でなんちゃって準構成員になる子供達が多いんですよね…

40歳を超えているいい大人(ヤ○ザの先輩)が、20歳前後の若者をかき集めて、悪いことをしているんですから笑っちゃいます。

いや、笑えないな…

さて、俺がそのヤ○ザの先輩の車に乗り込み話を聞くことになりました。

ヤ○ザの先輩
「とりあえずな…」


「はい」

ヤ○ザの先輩
「主任の○○いたろ?あいつが暴行を受けたんだよ!
まあ…話は聞いてるだろうけど!」


「そうですね…」

ヤ○ザの先輩
「んで、主任から俺の携帯に連絡があって、暴行を受けているから助けてくれって連絡があったんだよ。

店長が防犯カメラの映像(見慣れない軍団)と、ホルコンのデータを見て気がついたんだろうな…アイツが設定1を設定6に打ち変えていることに…

指示してもいないのに、勝手に設定6に変更したことに対して怒ってんだとよ!」


「そうですか(だとよ!じゃねーよ)」

ヤ○ザの先輩
「アイツが店長とか部長がムカつくから勝手に設定6にしたにも関わらず、いい迷惑だよ!」


「(お前が言うな!)心の声」

ヤ○ザの先輩
「それでしょうがねーからさっき本社に行ってきて話してきたんだ。」


「どんな話をしたんですか?」

ヤ○ザの先輩
「主任が悪いことをしたのはわかった、わかったけどお前らも暴行を加えたんだからこっちも出るとこ出るからって話したんだよ。

それで、向こうはふざけるなってなってどうしても納得がいかなかったらしくて、示談にするから条件をつけてきたんだよ。」


「どんな条件ですか?」

ヤ○ザの先輩
「もう一切店には出入りしないことと、このことは口外しないこと、んで主任と俺らで○○○万円払えば示談にするって言ってきたわけよ!」


「それでなんて答えたんですか?」

ヤ○ザの先輩
「まだ答えは保留になってるけど、払う気ねーよな?」

幼馴染
「どーでしょうね…」

ヤ○ザの先輩
「んで払わなかったら刑事事件にするって言ってきたわけよ!
マジふざけんなよな!アイツのせいで…」


「(いやいやお前もだいぶ悪いよ)心の声」

ヤ○ザの先輩
「どう思う?」


「俺は正直色んな過去の例を見てきましたが、今まで表沙汰にはなったことはありませんでした。

だけど、それはあくまでも加害者が店側に示談の損害金を払っていたからです。

それをしないと本当に店側に訴えられたらシャレにならないし、むしろ向こうが示談で済ませてくれると言ってくれているのですから、それに応じた方が身の為だと思います。」

ヤ○ザの先輩
「本当に店側が訴えると思うか?」


「訴えないとは言い切れませんが、お金で済むのであれば、絶対にそうしたほうがいいと思います。

あくまで俺の経験上ですが…」

ヤ○ザの先輩
「お前はどう思うんだ?」

幼馴染
「俺は… …払った方がいいと思いますし、むしろそうしたいです。」

ヤ○ザの先輩
「でもよ…○○○万ってきつくねーか?」


「他人事聞こえるかもしれませんが、5人で払えば全然払えない額じゃないですよ。

分割払いとかの交渉をしてみてはどうですか?」

ヤ○ザの先輩
「… … …」


「そうしましょうよ!そうじゃないと先輩も奥さんも子供もいますし、かわいそうじゃないですか?」
(ちなみに俺はこんなこと微塵も思っていません。むしろ先輩なんてどうでもいいです。しかし幼馴染を助ける為には多少の演技も仕方ありません。
しかも別に俺の先輩じゃねーし。)

ヤ○ザの先輩
「分割か…そうするか?」

幼馴染
「はい」

ヤ○ザの先輩
「でもなー兄貴にこの話通しちまったから、厄介だな…仕方ねぇか…」


「苦笑(コイツ自分じゃ何もできねーじゃねーかよ)」

それからヤ○ザの先輩は部長さんに連絡をして、示談金の分割交渉の話をしに車から降りていきました。

その最中…


「な!言ったろ!所詮お前を助けるなんて綺麗事言ってるだけで、自分のことしか考えていないんだよ!

いい加減付き合うのヤメろよ!」

幼馴染
「そうだな…」


「ある意味いい機会だったよ!」

幼馴染
「… …」

俺の経験上、綺麗事ばかり言う人間は信用できません。

そういうことを言いまくる奴に限って、腹黒い可能性があります。

大抵裏切りますし、口だけです。

あくまで個人的な見解ですがね。

電話を終えたヤ○ザの先輩が車に戻ってくると…


「どうでしたか?」

ヤ○ザの先輩
「とりあえず明日本社に行って、話をすることになったよ。」


「示談の交渉はしたんですか?」

ヤ○ザの先輩
「した!んでそのことについて話がしたいから、5人で本社に来いだとよ!」


「ならよかったです!だってよ!」

幼馴染
「よかった…」

ヤ○ザの先輩
「ったくよーあのバカのせいで…」

この人はあくまで自分がかわいくて仕方ないのでしょうね。

自分が悪いなんて微塵も思っていない様子でした。

ここまでバカだと恐ろしく思えてきます。

クソメンヘラが…

だからチンピラヤンキーはメンヘラなんだよ!
以下の記事をご覧ください。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ
暴走族はメンヘラのかまってちゃんである

後日…

幼馴染が本社から帰ってきて話を聞いてみると…

無事に示談の話は成立したようで、分割で支払うことになりました。

もちろんこれはグレーゾーンではなくブラックなことです。

ブラックなことですが、俺は心からこう思いました。

「本当によかった」…と

運が悪く捕まってしまったのであれば犯罪者になり、同じ犯罪を犯した者でも、闇に葬られてしまえば表向きは犯罪者ではなくなります。

運がいい犯罪者か運が悪い犯罪者かっていう違いだけですね。

運が悪い犯罪者でも大抵のことは(殺人でもない限り)お金の力でどうにでもなってしまいます。

こういう世の中です。

だからといってバレなければいいという問題でもありません。

お金を払えばいいという問題でもありません。

俺は彼が反省し、もう二度とこのようなことを繰り返さないことを願います。

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ

そういえばマイホでヤ○ザの先輩に会った時にこんなことを言われました。

「○○○店でゴトシの仕事があるんだよ!
業者と店がつるんでるから絶対に安心だから、お前やるか?」

やっぱりバカは死んでもバカなんですね。

更新日時:2018年3月9日(金) 12:00 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ