--- Sponsored Link---
2018年6月12日(火) 10:39 ㊙スロットパチンコ考察コメント(2)

スロットパチンコから学んだ失敗談

こんにちは、スロットブログ村のぶっちゃけ革命児ショウゴです!

日頃からご愛読くださっている読者の皆様、本当にありがとうございます。

今後とも打倒2-9伝説にご協力ください!
にほんブログ村 スロットブログへ
応援よろしくお願いします!

では、本日もどうぞお楽しみください!

今回は、珍しく真面目に成長というキーワードについてお話していきたいと思います。

皆さんは過去を振り返って、現在の自分と比べてみると、成長を実感しているでしょうか?

全然成長していない。少しは成長した!見違えるほど成長した!!

様々な考えがあると思います。

俺個人の場合は、少しは成長した…という感じです。

なぜ少しは成長した…と言えるのか、下記の俺の過去から振り返っていきたいと思います。

18歳から19歳の時のショウゴ

当時の俺は、裏モノや4号機のAT機を中心にどっぷりハマっていた記憶があります。

パチンコ屋でアルバイトをしながら大学に通い、給料(18万くらい?)全部をスロットにつぎ込んでしまうほどのアホでした。

当時は実家住まいだったので、朝起きればご飯が出てきて、昼間に帰れば昼ご飯が出てきて、夜に帰れば夜ご飯が出てきて…とりあえずお金がなくても衣食住には困らなかったので、このようなお金の使い方が出来たのです。

水道代、ガス代、電気代、食費、全部親が払って、家に住ませてもらっている…というありがたみを実感できていませんでした。

俺の親は、元県庁職員で、出納事務局長や企業局長を務め、一般家庭よりは少しだけ贅沢な生活をさせてもらっていました。

要は、親に甘えていたんですよね。

そして、20代を迎えたある日、俺はついに親友からお金を借りてまで、スロットを打つという愚行をしてしまったのです。

当時の裏モノでハナハナスイカバージョンというものにハマってしまい、スイカを引けば大連チャンモードに突入するという仕様で、20連30連は当たり前でした。

しかしながら使う額も半端ではありません。

10万は準備運動というレベルです。

もはや狂っていますねw


スイカが揃った瞬間、そしてハイビスカスが光った瞬間…瞳孔が開くレベルです!

狂ったように打っていた俺は、このような思考でした。

光ればどうにでもなる!!

今考えると、このレベルはヤバすぎですw

そしてついに俺のお金はなくなり、財布の中には千円も入っていません。

しかし、光れば何とかなる…と考えた俺は、親友にこう話します。

ハイビスカスが光ったら、利息つけて返せるから!!
3万円貸して!!

親友は、笑って貸してくれました。

本当に彼にはどれだけ迷惑をかけてきたことか…

当然ながら、その3万円はあっさりとなくなり、来月の給料で返済しました。

それから、給料が入った初日、再びハナハナを打ちに行くと…

15万やられました…(ほぼストレート)

親友に3万円を返済し、残りの全財産15万でハナハナを打ち、給料日に全額を使い果たしてしまったのです。

打っていた時に俺は絶望しました。

10万円を超えた辺りから、吐き気がするほど自分の愚かさに気がついたのです。

いつもだったらワクワクしながら打っていたのですが、打っているうちに、親友に対しての罪悪感が芽生え、笑ってお金を貸してくれた顔を思い浮かべると、情けない気持ちでいっぱいでした。

20歳当時の親友の貯金額は約300万円、対して俺はゼロ…

何やってんだ俺!?

15万円の有り金をすべて使い果たし、パチンコ屋の駐車場の車の中で、半日近く絶望していました。

あれは今でも忘れません。

半日も車の中でボーっとしていただけなのに、あっという間に夜になっていました。

気がついたら、8時間以上も経過していたのです。

色んな事を考えました。

「明日大学に行くガソリン代はどうする?」

「今月どうやって生活するんだ?親に言えない」

「真実を話したら、親友に愛想をつかされてしまうだろう…」

「大学に行かせてくれた親に対して、俺は親孝行をしたことがあるのか?」

「キャッシング?いや…それはヤバいだろ?」

「俺が親でこんな子供がいたらどう対応しただろう?」

結果俺はどうしたか?

親友に真実を話して、助けてもらいました。

彼は笑って、「ドンマイw」の一言で、有り余るほどの生活費を貸してくれました。

この日を境に、俺はこう思います。

もう絶対に親友に迷惑をかけない!
成長して、親友に恩返しをする!

もうかれこれ30年近い付き合いですが、彼とは色んなことがありました。

迷惑をかけたのはこれだけではありません。

数えきれないくらいの迷惑をかけてきたのですが、その一例として…

俺も親友も単車や車が大好きで、よく車屋さん巡りをしていた時のお話です。

当時19歳の俺は当然貯金もないので、ただただ羨ましいな…と思いながら車を眺めている日々が続きました。

非常識な俺は、彼にとんでもないお願いをしたのを覚えています。

車屋さんに到着すると…



「ヤベー!この車いいなー!!」

親友
「金ないだろ?w」



「だけどこれ欲しいなー!」

親友
「まあ…お金が貯まったら考えるんだな!w」



「あー欲しい!カッコいい!」

親友
「ほら!帰るぞ!!」



「はいはい!」

帰りの車の中…



「やっぱりあの車欲しい!」

親友
「我慢しろよw」



「頼む!給料出たら返すから、貸してくれ!」

親友
「は?」



「今欲しいんだ!」

親友
「やめとけwとりあえず落ち着けw」



「どうしても欲しいんだ!あれお買い得じゃん?」

親友
「時間がたてば、あの程度の値段なら出てくるよw」



「お願いします!!」

親友
「マジかよw」



「50万貸してくれ!」

親友
「ww本気?」



「本気w」

親友
「んじゃわかったよ!w銀行よって行くか?」



「ありがとう!!!!!」

これはあくまでも迷惑をかけたほんの一例ですが、彼は常に温かい目で俺を見てくれていました。

上記の内容もヤバすぎですよね。

いくら親友とはいえ、こんなことをしてくれる彼は器がデカいです。

まずあり得ないレベルでしょう。

親と同様、親友にも甘えていました。

今思い返すと、頭が上がりません。

パチンコ屋の駐車場に話を戻します。

いろんなことを考えながら、今まで親友がしてくれたありがたみを思い出していたのです。

そりぁ半日があっという間に過ぎてしまっていても不思議ではありません。

この時初めて俺は、「失敗した」…ということに気がつきました。

今までやってきた愚行は失敗だということに気がついていなかったのです。

人間は失敗して成長できるという意味が初めて実感できた瞬間でもありました。

要は、成長するきっかけというのは、余程の意志がない限り失敗という体験をしなければ、きっかけをつかむことができないということです。

もちろん失敗など体験せずに、常に上を目指して突き進んでいる人も、中にはいるでしょうけど…

人間失敗だけでは成長しない

失敗だけではまだ甘いです。

どん底に突き落とされるくらいのきっかけがないと、多くの人は学ばないでしょう。

話は少しそれるのですが、俺は過去に単車と車の免許を取り消しになったことがあります。

停止ではありません。取り消しです。

要は教習所にもう一度通い直しです。

免許を取り上げられ、当時免許の点数が20点引かれると、一年間免許を取得することが出来ません。

当時18歳だった俺は、車の免許を早くも失くしてしまいました。

18歳といえば、車に乗ることが楽しくて仕方のない時期です。

周りは楽しそうに車を運転している中、俺はチャリンコで移動していました。

絶望の中、チャリをこいで、自分のバカさ加減を反省していました。

これがもし、シートベルト違反や、一時停止違反程度だったら、当時の俺は反省もしなかったでしょう。

ちなみになんですが、シートベルト違反の場合、点数だけが引かれ罰金は発生しません。

一時停止違反だったら、点数と罰金も取られます。

これってなんでか?

要は人に迷惑をかける可能性があるものには罰金が発生するのです。

シートベルト違反の場合、事故にあった時、自分が死ぬリスクを背負うだけなので点数のみ引かれますが、一時停止の場合、他人を巻き込む可能性があるので罰金が発生する…という仕組みです。

罪が重ければ重いほど、それに比例して罰を受けるのは当たり前のことですよね。

つまり、どん底に落ちた経験があったからこそ、飲酒運転などの怖さを知ることが出来ます。

俺の周りの知り合いに、免許取り消しの怖さや辛さを伝えても、響きません。

当然ですよね。体験していなんですから。

俺も体験していなかったらこう思うでしょう…

飲酒運転?大丈夫でしょ!!

つまりは何が言いたいか?

人間って、多少失敗した経験程度では、成長するきっかけをつかむことは出来ないと考えたのです。

大きく成長したいのであれば、大きく失敗することが必要なのではないでしょうか。

今回はスロットパチンコや車の免許取り消しなどという、スケールの小さい話でしたが、当時の俺にとっては絶望の体験でした。

この体験が出来たからこそ、今では30代の平均貯金額をはるかに上回るお金を手にすることが出来たのだと思います。

しかしながら、最近は大きな失敗というものは体験していません。

ゆえにそこまで大きく成長した…という実感はありませんね。

無意識に守りに入っているのでしょう。

失敗したくない…と!

この考えではこの先、成長するどころか、衰えていく一方です。

人間って「もうこれでいいや…」と現状に満足してしまうと、それを状態を維持するのは難しいです。

というか、どんどん衰えていくでしょう。

どんどん失敗して、15年以上前のあのきっかけをもう一度体験しようと思います。

どん底に落ちてもいいかもしれません。

※ただし俺の場合、15年以上前の失敗は「人に迷惑をかけた失敗」です。

そうではなくて、自己責任でやるということは絶対ですけどねw

ガキの頃から、ピンチはチャンスだ!…なんて言葉を聞いて、そんなものは綺麗事だと思っていましたが、ようやくその意味がわかったような気がします。

考えがひねくれた俺は、所詮成功者が養分を洗脳する為の言葉だとさえ思っていましたw

普段から、人を疑っている俺ですが、この言葉は本当だと確信しました。

ひねくれ者の俺が言うので間違いありませんw

参考になったか分かりませんが、何かピンチが訪れた時、成長するチャンスだと思って、皆さんも色んな事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございました!!

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

記事が面白いと思った方は、ぜひとも打倒2-9伝説にご協力ください!
にほんブログ村 スロットブログへ
たけしさんは今頃海外旅行かよ…

彼も相当色んな失敗を体験したのかな?

更新日時:2018年6月12日(火) 10:39 コメント(2)

2件のコメント

  1. あっきー より:

    お久しぶりです。
    色々と共感できる部分があったのでコメントしてみました。

    ピンチはチャンスという言葉は、当人にとっては何もありがたくないけど、後から思い返すと良いきっかけになってる事って多いですよね。

    私はこの1年間で二度ほどぶちのめされましたが、そのきっかけは知ることでした。
    人間は自分に都合の悪い事を、無意識の部分へ追いやります。私も例に漏れず、色々と見ないふりをしていたんです。
    これに気付いた時、三日間くらい寝込みました。
    もちろん、寝込んでいる最中に「チャンスや」とは思いませんでした笑

    • ショウゴ より:

      あっきーさん!お久しぶりです!トゥーース!!

      実はですね…あっきーさんは共感してくださると思っていました。

      そうなんですよ!最近になって気がつきました。

      ピンチの時には全く気がつかないんですけどね…w

      後から思い返すと、「あれ?もしやあの時の経験が生きてる…のか?」みたいな感じです。

      あっきーさんもブログを始めてもうすぐ一年がたちますが、ブログの内容を見ていると、ホントにこの一年間色々あったんだろうな…と思います。

      個人的には、深く反省出来る方って、その後大きく成長できるんだろうな…と考えています。

      あっきーさんは…大きく化ける可能性大です!

      ピンチの時にこれはチャンスだ…なんて考えられるレベルの人ってなかなかいませんよねw

      しかしあっきーさんのような思考な方は、そのうちピンチが成長するチャンスだとわかっているから楽しめるレベルにまで成長できますよ!

      ただ、前にも言いましたが、絶対に体は壊さないでください。

      他は問題ないと思いますが、個人的にはそれだけが気になる点ですw

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ