--- Sponsored Link---
2017年9月12日(火) 05:39 雑記コメント(0)

スロプロ、パチプロがやったほうがいい行動

スロプロパチプロと言っても、色んな種類のプロがいるが、今回はスロットパチンコのみで生計を立てている、スロプロパチプロがやったほうがいい行動を書いていこうと思う。

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 スロットブログへ

スロプロパチプロで最も重要なのが情報と愛想である

情報
愛想笑い
これに尽きると言っても過言ではない。

スロプロパチプロの
情報収集

いかに正確な情報が手に入るかが、命運を大きく左右する。

お店のメール会員情報、ライン、サイトセブンなどに登録し、片道1時間30分以内のホールをくまなく調査する。

・実際にホール調査をしてデータ機をチェック

・オール設定1据え置きの店なのか?

・この機種は何ゲームくらいからリセットをかけるのか?

・特定の機種のみに力を入れているのでは?

・特定の機種以外はベタピンなのか?

・特定のイベント日にのみ高設定を入れてあとはベタピン?

・止め打ち禁止か?もしくはある程度は黙認してくれるのか?

・止め打ちはダメでもオーバー入賞は?

・スロプロ、パチプロを毛嫌いしているお店か?

・店員さんが愛想がいいか?

・専業ライバルはいるのか?

・タチの悪そうな専業は?

・交換率は?再プレイの上限は?

・抽選なのか?並び順なのか?

・メールやラインで示唆している機種は本当に高設定なのか?

・角台、角2、真ん中に高設定が入りやすい癖などはあるか?

などなどスロプロ、パチプロはお店の情報を得る為に
莫大な労力をかけている。

イベント日には抽選もしくは並び順で
朝早くから並び、第1候補、第2候補、第3候補などの
根拠のある狙い目を決め、設定判別し高設定を
確信したら基本閉店までぶん回し作業。

設定をツモっても、閉店前にもしくはサイトセブンなどで
他にどんな機種のどの辺りに高設定が入っていたのかの
確認作業。

もし、高設定じゃなかったらリカバリーで
リセット狙い、ゾーン狙い、天井狙いに切り替えることが
できる店だったらいいのだが
そうじゃなかったら次の手、その次の手まで
あらかじめ考えていなければならない。

そして…

ある程度店の癖が把握できても安心してはいけない。

なぜならば、ホールは生き物であり、設定師の気まぐれや
専業ばかりがツモっているから配置の変更などは
普通に起こり得るので
色んな可能性を考えてアンテナを張っていなければならない。

スロプロパチプロがやるべき
店やお客さんに対する
愛想について

店員に対する接し方、常連さんに対する接し方にも
徹底して気をつけなくてはならない。

目立ったことはしない、愛想を常に振りまくなどの
行動は絶対なのである。

お店、他のお客に嫌われてしまったら
設定の配置の変更、止め打ち禁止
常連からのクレームにより出入り禁止
一般客とのトラブルなど全然起こり得る。

異常なくらいコイツいいやつだなって思ってもらうくらいの
接し方でちょうどいいと思う。

得することはあって絶対に損はしないと断言できる。

理由として、相手も感情で生きている人間だからである。

例えばこのようなことをしてみるといいだろう

・ジェットカウンターでおしぼりを渡してくれたら
会釈だけでなく、ありがとうございますと
一声かける。

・島内ですれ違ったら店員、客問わず道を譲る。

・店員に会釈されたら絶対に会釈する。

・イベントの案内、景品の案内されたら
きちんと聞いてあげる。
(結構専業でできない人多い、むしろ店員と
仲良くなるチャンス!)

・笑顔で案内景品を買ってあげる。

・店員が掃除しなくても
自分で打ち終わった台の空き台整理する
(空き缶放置してる人が結構いる)

などなど、色々書いてきたけど…

・サイトセブン、ライン、メールなどのweb上の情報も大事

・現場の情報も大事

・店もしくは他の客が自分を嫌いにならないような愛想も大事

愛想がよくて、情報収集ができたらもう無敵ですな笑

ここまで読んでくれた方に感謝します。

ありがとうございます。

下記のおススメ記事は絶対に見て頂きたいです。
ぜひご覧ください!

パチンコ屋でパチンカス(クズ)だなと思う客~総まとめ

パチンコ屋でナンパ~総まとめ編

スロット軍団パチンコ軍団~総まとめ

スロットのゾーン狙い天井狙いについての考え方~総まとめ編

ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 スロットブログへ
次回はスロプロパチプロのお金の使い道、貯金額などの
お話しをしていきたいと思います。

更新日時:2017年9月12日(火) 05:39 コメントする

コメントを残す

コメント

このページの先頭へ